FC2ブログ
2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.23 (Wed)

百合ゲーかも? 「Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト)」完成版公開!


フリー百合ゲーム「永久の白百合」シリーズを制作されている夢幻飛翔様の新作「Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト)」が完成、公開されています!

公式ページ
Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト)~トップ~

DLサイト
Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト):無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

ちょっと早いクリスマスプレゼント!と言わんばかりのタイミングでの公開ですね!
クリスマス当日はメリーユリスマスですヨ!(笑)

内容は以前にお伝えしたようにディストピアがテーマと言う印象です。
・・・どっちかと言えば引き籠り気味な管理人からすると作中に登場する薬"DesireIn(ディジアイン)"は理想的に過ぎてあんまりディストピアに感じない所も有りますが(苦笑)

まぁ冗談はともかく、作中の人々もそう感じるからこそ他人との関わりを避けている訳で。
そういう意味では、主人公の弥生は必要無い苦労をしてでも千架に恋をし関わろうとしている。
その姿が百合的にも物語的にも見所になりそうですね。


当サイトの以前の記事
百合ゲーかも? 「Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト)」公式ページ&体験版公開!

制作者様公式サイト
夢幻飛翔

当サイトの関連記事
フリー百合ゲーム紹介 「永久の白百合~悠遠の日向~」
フリー百合ゲーム紹介 「永久の白百合~螺旋の彼方~」
フリー百合ゲーム紹介 「永久の白百合~永遠の刹那~」
フリー百合ゲーム紹介 「永久の白百合」

このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:41  |  百合ゲーム? 新作  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いつもお世話になっておりますw
夢幻飛翔の秘村シキですw

迅速な宣伝、ありがとうございます!
いや~何とか今年中にアップできてホッとしておりますw

永久の白百合シリーズの主人公たちは、割と高レベルから物語が始まりますが
今回の主人公はレベル0ですww
駄目駄目な主人公が恋の成就のために少しずつ成長していく姿を暖かく見守っていただければ幸いですw

実は今回の設定、割と難産でした(苦笑)
大まかなアイディアはあったものの、形にするのが難しかったわけですが、
「百合的に美味しくするためにはどうすればいい?」という魔法の言葉で、
何とか設定を固められました。
ということで、DesireIn(ディジアイン)は、
百合要素を強化するために存在したりしますw

あと、体験版公開のときのコメントの返事になりますが
あの時点で、「小百合さんの妹は天使」は購入済でしたよ!
「おお、奇遇!」とか思いましたねw
アマゾンの「あなたにお勧め」にあって、絵が好みだったのと。
「私、お姉ちゃんと~~~したい」で、購入を決めました(爆)(不正コメント扱いを受けたので、~~~に置き換えました(苦笑))
しかし、この作品上記のようなエロい台詞を
宣伝に使っている割には、かなり丁寧に絆を描いていてびっくりしましたね。
試しに1、2巻だけ買おうと思って買ったので、
3巻がほしい!とか思ったら発売がまだで、少しがっかりしましたが(苦笑)

「やがて君になる」は買っていなかったので、
買って見ましたwこれも中々面白いというか、
初めて見るタイプの百合物語かも。
あからさまなイチャイチャに見えないのに、
結構各話でぐいぐち、踏み込んでいるという何とも不思議な感じ。
というか、まさか先輩がどんどん可愛くなっていくなんて
予想できませんでしたよw
それと、主人公がすごくナチュラルにデレていきましたねw
しかし、単行本で見ると、「おおっ!」なりますが、
雑誌で毎月追いかける読むと、じれってくなりそうですが(苦笑)
けど、この漫画、なぜか中古の方が高いという謎な価格
でしたけど、もしかしてレアな本なんでしょうかね?

何だか、半分以上、関係ない話題ですみません(苦笑)

最後に、いつもいつも宣伝ありがとうございますw
これからも頑張らせていただきますのでよろしくお願いしますw
それでは失礼しますw
(また、メルルのアトリエのプレイ日記にコメントしようと思いますので、良いお年をは、そのときに言わせていただきますw)
秘村シキ |  2015.12.24(木) 20:26 | URL |  【編集】

●秘村シキ様へ

コメントありがとうございます!
またお越し頂いて嬉しいです!
こちらこそお世話になっております!

少し早いクリスマスプレゼント、ありがとうございます!
そして新作の開発お疲れ様でした!

永久の白百合シリーズは"出来上がった"状態から距離を調節しているという感が有りましたが、今回は正味のゼロからのスタートと言う訳ですね。
応援しつつプレイしたいと思います!

なんと!記事で言及したとおり"ディストピア"がテーマかと思いきや、百合のための薬だったとは!
こういう薬って物語としてはあまり良い物として描写されないのですが、そう聞くとどんどん魅力的に見えてきますヨ(笑)

「小百合さんの妹は天使」のあのセリフは伊藤ハチ先生の作風を考えると、逆に珍しいですね。
同人誌「合法百合夫婦」(PIXIVで一部公開されています)や百合姫掲載の「月が綺麗ですね」では、ああいうストレートなのは少ない印象です。
おねロリ主従本ではちょっとドキドキする描写が有りましたが。
3巻、まだ読めていないんですよ~(泣)
ただ美琴の羽根の事を考えると、続きを読むのがちょっと怖かったり。

「やがて君になる」は管理人もまさかあんなに早く燈子先輩が陥落するとは思っても見ませんでした。
百合前提とは言え、第2話にしてキスシーンに突入ですからね!
侑は面白いキャラですよね。
燈子先輩に「ずるい」と険しい視線を送りつつも、支えてあげたいと思ったりとか。

余談ですが、玉青ちゃんスキーとしては佐伯先輩を応援したいですね。
どうもああいう立ち位置の人を見ると応援せずにはいられない(笑)
いや侑と燈子先輩の仲を壊したい訳じゃないのですがr(^^;)


ああ~それは分かりますね。
ただ、単行本は単行本で煽ってきますよね(笑)
特にあの第2巻の予告!
「なにそれ 好きじゃないのにキスしたいとか~」
って、そんなの見せられたら続きが気になって気になって仕方ないだろー!と叫びましたよ(笑)

おお?そうなんですか?
売り上げは良好だったと聞きましたが、プレミア化するにしては早い気も。
メロンブックス特典の小冊子付きなら百合好きに取っては垂涎物だとは思いますが。
(缶乃先生、伊藤ハチ先生などが寄稿されています)

いえいえ~百合トークは楽しいのでむしろドンと来いですヨ!
最近読んだ漫画だったら「新米姉妹のふたりごはん」、「青春スィートトラック」が良かったですね。
先の2作品に比べると恋愛と言うよりは家族、友情(先輩 後輩)といった方向ですが、楽しく読めました。

こちらこそ温かいお言葉ありがとうございます!
非常に励みになります!

メルル、佳境に入っているようですね!
メルケイなEDは見れましたでしょうか?
どんなコメントを頂けるか、楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2015.12.26(土) 00:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/6222-43b9735a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |