FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2015.10.04 (Sun)

「FLOWERS 夏篇」プレイ日記20

さて、今回も中々時間が取れませんでしたが、最後のEDを迎えるため攻略を見ながらプレイを開始。
で、進めていくと・・・どうも千鳥を見放すような、八代先輩に絡まれている所を見捨てたり、嘘を教えたりといった選択肢が多いような。

お陰で千鳥に睨まれたりするシーンが多いですr(^^;)
髪長姫(ラプンツェル)の選択肢ではえりか曰く「幽霊より怖い」ですからね(笑)

このシーンではえりかが嘘を教えるので蘇芳が本当の事を教えてあげるのですが、ここで助け舟を出す蘇芳ってやっぱり人間が出来ていると思います。
出会いの事を考えると、これくらいの意趣返しと言うか助けないという意地悪をしても普通だと思うのですけど・・・そこが蘇芳の魅力なのかも。

このシーン以外にも千鳥と何かを取る選択肢だと、千鳥以外を取る選択肢を選ぶ事に。

印象的だったのは選択科目を選ぶ選択肢で
・ガーデニングなら白羽が得意だったか
を選ぶと立花さんが
「蘇芳さんとガーデニングなんて素敵だわ・・・!
一緒に土いじりをしたら、きっととても愉しいわ」

と楽しそうに想いを馳せる(妄想とも言うw)姿。

一応、春篇で蘇芳への恋は終わらせたはずの立花さんですが、微塵もそんな事を感じさせない発言です(笑)
う~~~ん、こういう姿を見るとやはり春篇の立花さんEDは納得がいかんぞ(笑)

他には、これは印象的というより共感ですが
千鳥に音楽に興味は?と問われ
・全く興味ないね
と答えると
「譜面も読めないなんて驚き~」
と言われますが管理人も読めないよ!ヽ(`ω´*)ノ

えりかの心の声曰く
(どうも考崎家は音楽への造詣が深かったらしい。
だがそれが普通だと思うなよ。)

には大共感!(笑)

えりかが興味の無い事は覚えていられないと言っていますが、それは本当ですよねぇ。
管理人も「クイズマジックアカデミー」は正答率60~80%が並ぶ中、スポーツと芸能は40%以下でしたもん(笑)

あと、えりかを散々ハーレムラノベの主人公みたいだと書きましたが、オーロラ姫役を選ぶ際の選択肢で
・委員長のがらしいか
と選ぶと千鳥が
「そう、そう思っているの」
とブツブツ呟いているのを見て、どうもこちらはこちらで拙い気がする。と思っていたのが(笑)

この後、慌てて場を取り繕う辺りがもう、ね(笑)
立花さんの喜ぶ姿も見れましたし、このシーンはかなりツボでした(笑)

と、別の選択肢による展開をちょこちょこ楽しんでいるとフックマン事件の直後から別エピソードへ

夜中に自室のベッドで千鳥への想いとダリア先生への想いに悩むえりか。
千鳥をどう思っているか。
ダリア先生をどう思っているか。

ダリア先生への想いが千鳥と同種であると自覚した際に
「委員長を笑えないな」

う~~ん、やっぱりえりかに取って同性愛者=立花さんなんだねぇ。
一度だけ蘇芳を引き合い出した事はありましたが、今回はその時同様にかなり真面目な雰囲気。

この辺りの蘇芳、立花さんの扱いがえりかの中でどうなっているか気になる所ですが・・・ここで選択肢が。
・アミティエのことが
・あこがれの人を・・・

勿論、ここは・あこがれの人を・・・を選択

う~~ん、真面目なシーンなのですが、ダリア先生の胸の感触を思い出す辺りが何とも言えません。

匂いに関する描写とか、譲葉先輩のお尻に関する描写とか蘇芳に比べるとえりかってムッツリ身体的な接触やスキンシップに敏感と言うか、好きですよね。

同じ内向きの思考でも、外へ向かおうとする意志がある蘇芳との差が出ているのかも。
単にスケベなだけと言う可能性も

と、ここでアイキャッチを挟み、次のシーンはダリア先生と一緒に舞台演出について話し合うシーン。

ここでは想いを自覚したせいか、ダリア先生と一緒に居られるのが嬉しいといったニュアンスの発言もあったり、過去に舞台で踊ったというダリア先生を見てダリア先生の亡父に嫉妬したりと、かなりグイグイ行っている印象が。

こうした想いを抱えている様を舞台演出の不安と取ったダリア先生はえりかに近づき、安心させようと語っていますが・・・えりかは逆に大緊張!

プレイヤーとしては「そりゃそうだわな」と思うシーンですが・・・ダリア先生、ここで「厄除け」と手の甲に口づけ!しかもCG付き!!

善意だと分かっていつつも胸が高鳴るえりかですが・・・プレイヤーからしたら、誘惑しているとしか思えませんヨ!(爆)
無自覚って怖いわぁ(笑)

その後、バレエ発表会の準備についてダイジェストに語られますが・・・打ち合わせでダリア先生と二人きりで過ごした事に嬉しそうな点も印象的ながら、それ以上に手紙などで要望を出してきた生徒の希望に添えるかダリア先生と相談していたというのが印象的。

千鳥ルートではこういった要望に対して自己中心的な物ばかりと言わんばかりの否定的な想いが目立ちましたが、今回はそれになるべく応えようとしている様子。

ダリア先生に感化されたのか、二人になれるのが嬉しいのか。
千鳥のルートではえりか自身の"変化"についてもテーマとなっていた部分が有りましたが、この辺りは短いながらもそれを感じさせるものがありますね。

その後のシーンでえりかはうさぎ小屋で一人になり、ダリア先生への好意が"好意"なのか"愛"なのか自問する事に。

プレイヤーからすると「それは愛ですよ! 「何故、そこで愛!?」とは言わせない!!」な気分ですが(笑)、えりかの心の内ではまだ答えが出ていない問題なようです。

と、そこで譲葉先輩が登場!
残念な先輩と何故かえりか達には認識されている譲葉先輩ですが、ここは年長者らしく悩みを聞くと言ってくれます。

思い悩むえりかに取って、それは魅力的な提案でしたが、ダリア先生に迷惑がかかる可能性を考え
「相談できる事柄ではないんです」
と、それを退けます。

勿論、無理に聞いてくるような譲葉先輩では無くアドバイスをするに止めますが・・・そこでの先輩の一言が印象的。
「何を思い悩んでいるにせよ。行動はしておいた方がいい。思っているまま抱えていると、いずれ心が腐り落ちてしまうからね」
自分に言い聞かせているよう、というのがまた意味深で春篇のネリネ先輩の事もあって更に気になります。

先輩ズの過去は色々と気になりますが・・・そこは秋篇以降に期待するとして、ここは夏篇を進めましょう。
アイキャッチが入り、シーンはバレエ発表会に向けてえりかが各人の演技を舞台でチェックするシーン。

と、唐突にえりかの視界が霧がかっているように。
結構驚くべき状況なのですが、ダリア先生の隣にいるらしいえりかは
「良い匂いだ」
などとダリア先生に夢中(笑)

話を進めると
匂いに集中するほど
(濃く甘いミルクが瞳に膜を作った)


う~~ん、えりかさん大丈夫か?
これだとダリア先生、クスリみたいだぞ(笑)
と思ったら、えりかの意識は途切れ・・・どうやら気絶した模様。

すると、またえりかの夢の話。
千鳥ルートでも言及されていましたが、どうもえりかの夢は意味深ですが・・・ちょっと分かりません。
秋篇以降で関わってくる・・・のかも知れませんね。

と、そこで意識が覚醒し
・風邪だったらしいこと。
・目覚めるとベッドで傍にダリア先生が寝入っていること(CG付き)。
・恐らくダリア先生が運んで看病してくれたこと。

が分かります。

ここで遂にえりかはダリア先生が好きと明確に自覚。

寝入っているダリア先生の髪に触れながら
「ダリア」
呼び捨てに!

色々と思い悩んでいたせいか、一気に大胆になっていますが、ダリア先生が目覚めた後もそれは変わらず
「人間は、人生を失敗する権利がある」
先輩との会話で出た言葉を胸に告白を試みます。

・・・。

・・・。

かなり苦労し煩悶しながらも
「ダリア=バスキアを愛しているのです」

遂に言ったー!
って、ここでEDロールかよ!!Σ(゚□゚*)


後はご想像にお任せ☆EDかと思って焦りましたが(笑)、EDロールの後にちゃんとエピソードが有りました。

エピソードはバレエ発表会は終わりのシーンからスタート。
千鳥の踊りも終わり、無事に成功した模様。

えりかの横にはダリア先生が居ますが・・・以前に比べると、少しだけ余所余所しさ・・・そこまでは言い過ぎにしても距離が。

えりかの回想によると
告白して、自らの心に沿えた事は良かった。
だが、ダリア先生はシスターであると、その一点を持って想いを受け入れてくれなかった。

と、告白直後の経緯が語られます。

プレイヤーとしてもある意味で分かりきった、約束された結末では有りますが・・・やはり寂しい(T.T)
しかし、その後のダリア先生とのやり取りで出てきたえりかの心情が非常に印象的。

諦めることなんてできない
ダリアの瞳がわたしだけを映すことを夢想し、夢が叶うよう、初めて神に祈ったのだ・・・


物事にあまり執着しない・・・ダリア先生に「貴女が幸せなら、それで良いんだ」と言い、EDによっては千鳥への恋心すら封じたえりかにしては粘着質な物すら感じるほどの執着を見せた強烈なシーンで強く印象付けられました。

と言う訳でダリア先生ED、クリアーです!
こうしてプレイしてみると、サブヒロイン枠だったせいか、やはり所々早足&強引だった感は否めないですね。

特に千鳥の存在がほぼ忘れられている所とか(笑)
千鳥ルートだったら嫉妬を爆発させ病に苦しんでいた千鳥の事を考えると、果たしてダリア先生とイチャイチャしていてバレエ発表会を成功させる事が出来たのか。

"別離ED"を考えればプロの矜持でもって無理矢理に演技をこなしたとも考えられますが・・・それを差し引いてもFLOWERSで一番面倒臭い娘 考崎千鳥が全く絡んでこないなんて考えられない!(笑)

まぁそこはやっぱりサブヒロイン枠という事かなぁ。
三角関係展開も見てみたかったなぁ(笑)

と、マイナスな点を先に挙げましたが、それを差しひいて考えるとかなり面白いEDだったと思います。

物語序盤からヒロイン力を見せて付けたダリア先生に惹かれる展開自体はおかしな事では無いですし、早足ながらもバレエ発表会の準備を通じてえりかが自分の想いを自覚していく様は良かったと思います。

またサブヒロイン枠とは言いつつも
・えりかが明確に告白
・他のルートでは中々見えないえりかの執着心が明示される

と言う、千鳥とはまた違った展開を見せた事で実質的には千鳥と同格のヒロインと感じさせてくれます。

結ばれなかったものの、えりかが強い執着心を見せた事やダリア先生がえりかの想いを受け入れなかった理由がシスターであるという事だけなど、先の展開を色々と妄想できるという点でも面白いEDでした!

と、言う訳で・・・一言言いたい。

やっぱ立花さん、不遇じゃねぇか!!ヽ(`ω´*)ノ
"枠"としては同じはずなのに何なんだ、このダリア先生の圧倒的なヒロイン力は!?

えりかがぞっこんになっている事を考えると、ある意味で正ヒロインの千鳥より優遇されているぞ!?
くっそぅ・・・公式はどうしても立花さんを不遇キャラにしたいんだな・・・。

と、愚痴を一通り書いた所でタイトルを確認すると"EXTRA 蘇芳視点"が出現しています!

恐らく、これがコメント頂いた別ルートですね。
秋篇が待ち遠しくなる内容との事で、これまた楽しみ!

また時間が掛かりそうですが(汗)、じっくり楽しみたいと思います!


PSVita/PSP 携帯機版も予約開始(2015/10/22予定)
"ボイスコレクション機能"といった新機能も然る事ながら、新作である"録り下ろしスペシャルドラマCD"が気になりますね
・・・財布が軽くなります(笑)



対応機種 : Windows7/8
ジャンル : 百合系ミステリィADV
プレイ人数 : 1人


当サイトの次の記事
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記21

当サイトの以前の記事
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記19
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記18
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記17
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記16
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記15
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記14
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記13
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記12
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記11
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記10
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記9
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記8
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記7
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記6
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記5
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記4
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記3
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記2
「FLOWERS 夏篇」プレイ日記1

当サイトの関連記事
PC百合ゲーム「FLOWERS 春篇」をプレイしました!

「夏篇」公式サイト
FLOWERS_夏篇バナー

メーカー公式サイト
Innocent Grey



サントラ


ファンブック


OPムービー



※「春篇」関連情報
公式サイト
FIOWERS_バナー立花

OPムービー


PSVita/PSP


春篇通常版


DL版
【一般作品】FLOWERS -Le volume sur printemps- (春篇) - PCゲーム - DMM

このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:59  |  プレイ日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ダリア先生ルート到達おめでとう御座います!
悲恋が好きなので個人的に一番好きなルートです。
シスターなので断るというのは、だったら思わせぶりな態度を…と突っ込みたくなりますが、かといってOKなのもカトリック的にどーよ?となり難しいところです。。
八重垣さんのエンドはどれも夢が前振りであるので秋・もしくは冬で回収されるのかな、と思いました。
(でも全部不穏な感じだからそれはそれでヤバそうですが)

エクストラ蘇芳視点は不遇だった立花さんに光があたるので愉しみにしてください。きっと秋では株があがりますって!
では次の記事楽しみにしています!
 |  2015.10.08(木) 00:58 | URL |  【編集】

秘村シキです。
またまたコメントをw

ついにダリア先生ENDに到達ですか!!
おめでとうございますw

自分も同じように一番最後に、このENDに到達しましたが、何でしょう、一番しっくりきたENDに思えましたね。

いや、だって、本編じゃあ、えりかは、ダリア先生にドキドキ、ダリア先生に翻弄される、ダリア先生のために本気で怒る、ダリア先生の幸せをただだた静かに願う、とかばっかじゃないですかw
だから、「あこがれの人を・・・・・」を選んだときの反応は、なんて自然なんだ!とか思いましたねw
・・・・まあ、確かに、えりかはムッツリなのかもしれませんが(苦笑)
もっとも、自分も自分の作品で、えりかみたいな反応するキャラを結構描いているので、人のこと言えませんがw

ダリア先生への好意を愛かどうか自問するところで、
「それは愛ですよ! 「何故、そこで愛!?」
とは言わせない!!」な気分ですかww
う~ん、自分も、ここ最近で、このルートのプレイしていたら、確実に頭に浮かんだでしょうねw(まさか3期にも、この台詞が出るとは思いませんでしたがw)

「良い匂いだ」

匂いに集中するほど
(濃く甘いミルクが瞳に膜を作った)

というのは自分も、えりかご乱心?、と
いうか千鳥ルートと比べてもう、ときめき具合が違いすぎない?とか
思いましたねw
まあ、風邪だと解って納得しましたがw

告白の結果は案の定という感じでしたね。
もう、前置きで失敗フラグを立てている感じでしたし。
それでも、結果が出る瞬間まで、成功しろ!!とか思いましたがw

しかし、ふられたとはいえ、えりかが諦めていないので
過度の暗い雰囲気にならなかったのが良かった気がします。
切ないながらも、未来があるというか、いいENDでした。
というか、確かに千鳥の存在が消えていましたね(苦笑)

しかし、確かに立花は不遇ですね(苦笑)
本気で絶対に諦めない、ダリアENDに対して、立花ENDは、蘇芳が妥協したENDと、観れなくないENDでしたしね・・・・・。蘇芳が、立花が傷ついて、犯人を絶対に許さない!とかもなかったですし。
ここは、アンケートはがきで、また催促ですかね(時間がなくて、まだ書けていませんが(汗))

次回の感想記事も楽しみにしていますw
それでは失礼しますw
秘村シキ |  2015.10.09(金) 20:24 | URL |  【編集】

●Re

コメントありがとうございます!

ありがとうございます~かなり時間が掛かりましたが、ようやく到達しました~。

個人的には悲恋は辛い所があるのですが、今回のエンドは未来がどう展開していくか分からない所があるので、そういう意味では面白いエンドでした。
特にえりかが「諦めることなんてできない」と思っていましたしね。

ダリア先生はホント「誘惑しているのか!?」と思うような言動が多かったですからね(笑)
恐らく天然ゆえの言動なのでしょうけど・・・あれは罪ですよねぇ(笑)

あの夢のシーンは意味深ですよね。
ジャンルとしてはミステリィに区分されるので、秋or冬篇に関わってきそうではあります。
仰るとおり、不穏な印象があるのでちょっと怖いですが。

おお!ようやく立花さんに光が・・・!
秋篇ではもっと光が当たる事を期待したいですね!

ありがとうございます~。
拙い記事ですが、頑張ります!

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2015.10.10(土) 00:06 | URL |  【編集】

●秘村シキ様へ

コメントありがとうございます!
またお越し頂けて嬉しいです!

ありがとうございます~!
かなり時間が掛かりましたが、ようやく到達しました!

いや~もう仰る通りですね。
特に序盤は千鳥と険悪でしたから、余計にダリア先生がヒロインにしか見えませんでしたし(笑)

蘇芳と比べると、どうもえりかは身体的な描写が多い気がして(笑)
好きな人に対してそういう感情を持つのはある意味で当然なんですけど、えりかの場合は気が多い印象が強くて(笑)

やっぱり好きなんですよ、シンフォギア(笑)
でも管理人も博士は何処かで出て来るかな~とは思っていましたが、あのやり取りが再び聞けるとは思いませんでした(笑)

風邪で頭がボーッとしていた訳ですが、これは見方を変えると体調の悪さよりダリア先生へ意識が行っていた訳で、やっぱりときめき度は高いですよね(笑)
千鳥ルートのえりかは割合冷静さを保っているのに、ダリア先生ルートだと終始テンパっている印象です。

ダリア先生は教師かつシスターであるため恋愛エンドになるのは難しいと予想していたので、どこら辺を落とし所にするのかな?という感じでプレイしていました。

"流れ"としてはある程度、予想の範疇でしたがえりかが意外な執着を見せたのが予想外で面白かったですね。

"友達以上恋人未満"エンドのように身を引く形で諦めるかと思っていたので。
でもお蔭で仰る通り、色々な未来が想像できる良いエンドになったと思いますね。

千鳥に全く絡まなかった辺りは、やはりサブルートという印象でした(苦笑)
まぁ話としては面白そうですが、実装するにはシナリオへの負担が大きかったでしょうから、その辺りは仕方なかったかな?ですね。

記事でも言及しましたけど、サブヒロインルートという"枠"としては同じなはずなのに、物凄く差があるような(苦笑)
管理人もアンケートではこの辺りをしっかり書きたいですね!(笑)

ありがとうございます~。
拙い記事ですが、精一杯書きたいと思います!

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2015.10.10(土) 00:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/5991-939d0e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |