FC2ブログ
2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.24 (Mon)

PSVita百合ゲーム紹介 「結城友奈は勇者である~樹海の記憶~」

今回、紹介するのはPSVitaの「結城友奈は勇者である~樹海の記憶~」。
TVアニメとして放送された「結城友奈は勇者である」の純粋なゲーム化作品です。

いや、ほんと最近はこの手のゲーム化が純粋に行われて嬉しい。
一昔前だったら、男性主人公によるハーレムゲーに・・・。
と、ロートルの愚痴はこの辺にしましょうか(苦笑)

ゲーム的には
・ストーリー
・ミッション
・鑑賞(イベント含む)

の3つが大きな要素となっており、基本的に
・ストーリーを進める
・ミッション、イベントが開放
・ミッションクリアでまた別のイベント開放
・開放されたイベントを楽しむ

というサイクルになっています。

ゲームとしては、この"イベント"がミソ・・・と言うか、本体ですね(笑)
と言うのも、ストーリーはそれほど長くない上に使用キャラ毎の差異もあまり有りません。

そのため、数十個に及ぶこのイベントがゲームの中核と言える訳です。
こう聞くと「う~~ん(--;)」な感じですが、内容はちょっとシリアスな物から完全にお笑いな物まで充実しており、TVアニメ「結城友奈は勇者である」を楽しめた方ならまず間違いなく楽しめるでしょう。

まぁ強いて難を言えば「鷲尾須美は勇者である」のイベントも脈絡無く入っているため、正味TVアニメしか見ていない人にはやや分かり辛いかも?という所。

そして全てのイベントにCGがある訳では無いという事でしょうか。
とは言え、百合的にはセリフだけでも萌える物もたくさんあったので個人的には無問題ですが(笑)

まぁこの辺りはどうしてもネタバレるので「続きを読む」で語りましょう。
では、次は注目を集めたアクションパートについて。

アクションパートについて一言で言えば
ストレスが溜まるほどでは無いが、プレイしていて特別面白い程でも無い
でしょか。

かなり辛口な評になってしまっていますが・・・途中からイベント開放のための"作業"に近くなってしまっていたので、こう評せざるを得ないですね(汗)

アクションゲームとして物足りない点を挙げると
・ダウン復帰が無いため、テンポが悪い
・敵の行動のバリエーションが少ない
・ステージ、クリア目標が単調
・"満開"の攻撃範囲が分かり辛い

などでしょうか。

特に敵の行動のバリエーションが少ないのは致命的で、飛び道具を撃ってくる敵以外はバシバシ殴っているだけで何とかなる・・・逆に言うと飛び道具持ちの敵以外はどれも変わらない印象になってしまっているんですね。
そのため、せっかく勇者部のメンバー毎の特徴が上手く出ているのに、それが活かせておらず味気無い物となっています。

また、そういった仕様であるにも関わらずステージ毎のクリア目標などが単調と言うか、画一的なんですね。
勿論、勇者部の目標はバーテックスの殲滅であるため、敵陣を突破してバーテックスを撃滅という流れはおかしく有りません。

ただ、狙撃などの後方支援が任務の東郷さんまで、これがクリア目標というのは味気無い・・・。
と言うか、辛い!(笑)

これまでの記事でも書きましたが、東郷さんは作中の設定をリアルに表現しているため通常移動やダッシュが出来ないんですね。
この劣悪な移動性能で友奈や夏凛と同じく敵陣突破~バーテックス撃滅をやれと言うのは、正直疲れます。
お陰でミッションクリアキャラは夏凛ちゃんの名前がズラリと並ぶ事に(笑)

とは言え、先述したようにストレスが溜まるのは東郷さんの移動くらいで、それ以外はそれなりにスムーズ。
当たり判定もそれほどおかしい感は無かったと思いますし、イベント開放条件であるミッションはどのキャラでクリアしてもOKですし、ストーリーの方は難易度を易しいにすれば、それほど苦労はしません。

キャラ毎の特徴も上手く出ており、そういう意味では非常に惜しかったな、とも思いますね。
ちなみに管理人が感じたキャラ毎の特徴は以下の通り。


●結城 友奈
我らが主人公。
主人公らしく平均的な能力で使いやすい。

ややリーチが短い所があるが、スピーディーな動きやコンボ増加後で使える突進などもあり、それほど気にならない。
特徴に欠けるとも言えるので、そういう意味では面白味が少ないキャラかも?


●三好 夏凛
恐らく本作で一番使い勝手の良いキャラ。
能力値的には防御力が低いが、飛び道具持ちとバーテックス以外から被弾する事の少ない本作ではあまり気にならない。

それよりも勇者部最速を誇る素早さが各ミッションで威力を発揮するため、使い勝手は抜群。
(ミッションは移動が重要な物が多い)

イベントでは弄られ&お笑いキャラになる事も多かったが(笑)、アクションパートではエリート勇者としての責務を存分に果たしてくれる。
ちなみに攻撃面は攻撃時の移動量が少ないため多少リーチに欠ける所があるが、攻撃範囲が広いので使いやすく、やはり使い勝手は良好。


●犬吠埼 風
我らが勇者部 部長。
能力値的にはその包容力ゆえか防御力に優れる。

が、被弾する事が少ない本作ではあまり役に立たない・・・と言うか、東郷さんほどでは無いにしろ足の遅さが目立ち、少々割を食っている人になっています(苦笑)

攻撃面では攻撃力こそ低めながら、リーチと攻撃範囲両面に優れ、そこは良好。
ザコ敵をなぎ払う姿は非常にカッコイイです、部長!
まぁ、飛び道具持ちに囲まれると足と武器の振りの遅さが仇になって、かなり苦しくなるんですケドネ・・・。

サバイバル系のミッションではその防御力と攻撃性能で、かなり活躍します。
それ以外だと足の遅さが・・・(T.T)


●犬吠埼 樹
勇者部唯一の一年生。
その設定が反映されてか、能力値は少々低め。
また攻撃面も「まとめて~」以外の攻撃はリーチ、範囲ともにパッとせず、地味。

とまぁ散々ですが、樹ちゃんが真価を発揮するのはコンボ増加後。
コンボ増加後はエネルギー弾連射と貫通レーザー照射の2種類の飛び道具を得る事になり、立ち回りの幅が一気に広がります。

遠距離から慎重に攻めるも良し、一気に距離を詰めて「まとめて~」で殲滅するも良し。
遠近共に対応可能な万能樹ちゃんが爆誕です(笑)


●東郷 美森
勇者部の頭脳にして風先輩、夏凛ちゃんとはまた違ったベクトルの暴走人。

イベントパートではその豊富な知識と明晰な頭脳、そして時には腕力でもって風先輩や夏凛ちゃんを蹂躙してきた(笑)彼女ですが、アクションパートでは辛い面が目立ちます。

先述したように移動がかなり制限されている事に加え、攻撃範囲に乏しく複数の敵を殲滅するのに苦労させられます。
そのため遠距離から順に敵を倒す、が基本になるのですが、東郷さんの銃は上下への誘導補正が異常に弱く地形にちょっとした段差があるだけでほとんど機能しません。

そのため状況によっては敵陣に踊りこまなければならない場面も・・・。
一応コンボ増加後は「沈めー!」が追加されるため、多少マシになりますが・・・本質的には改善されません。

バーテックス戦は高台から射撃できるため、やや有利な面も有りますが細かい移動が出来ないためガード不能攻撃を多用してくる相手にはやはり辛く、総じて使い辛いキャラとなっています。

まぁキッチリ原作の設定を再現するといった辺りの拘りは好ましいですけどね。


以上でしょうか。
アクションゲームとして楽しめる、と言う域にまで達さなかったのは残念ですが、勇者部の豊富なエピソードが楽しめるのはファンに取って非常に大きい魅力。

勿論、当サイト的に・・・つまり百合的に美味しいイベントも多く、少なくとも個人的には大満足。
もはやカップルとしか思えないやり取りをかます友奈&東郷さん、お互いにシスコン振りを見せる犬吠埼姉妹、ケンカップルみたいな風先輩&夏凛ちゃん、たまに盛り込まれる友奈&夏凛ちゃんなどのイベントが楽しめ、アニメ版でカプ妄想した方なら、充分に楽しめるのでは無いかと思います。


※限定版 ドラマCD
勇者部の日常を描いたドラマCD。
基本的にコメディ路線のお話であり、百合要素はほとんど無し。
とは言え、明るく楽しい勇者部が聴けるのでファンなら楽しいですね。
夏凛ちゃんがお笑いオチ担当色んな意味で活躍しているのもポイントです。


公式サイト
結城友奈は勇者である 樹海の記憶

当サイトの関連記事
「結城友奈は勇者である」全話視聴しました!

PC百合ゲーム「結城友奈は勇者である BD第1巻特典ゲーム」をプレイしました!


プロモーションムービー


限定版/通常版

Amazon特典付 限定版/通常版



※関連情報
TVアニメ公式サイト
TVアニメ「結城友奈は勇者である」公式サイト

ノベル公式
鷲尾須美は勇者である公式サイト | 勇者であるシリーズ

乃木若葉は勇者である公式サイト | 勇者であるシリーズ

「BD/DVD特典ゲーム」体験版公開ページ
配布

PCゲームは初回特典という事だけど、まだ付いて来るのかな?


本/kindle
全エピソードを楽しむためにも一読しておきたいですね


このエントリーをはてなブックマークに追加

【続きを読む】

「続きを読む」ここでは本文で書いた通り、本作のイベントについて言及したいかと。
本作のイベントですが、記事本文で言及した通り、ちょっとシリアスな物からお笑いまで様々な勇者部のエピソードが楽しめます。

代表的な物を挙げれば
・各キャラのお誕生日イベント
・クリスマス
・バレンタインデー
・運動会
・お祭り

などの行事イベント。
他にも他愛ない日常の一コマに夢オチ(笑)、そして「鷲尾須美は勇者である」のエピソードなどですね。

で。
肝心要の百合的エピソードですが・・・勿論、色々と有ります!

例えばお誕生日イベントですが
●友奈 誕生日
皆がお祝いとプレゼントをくれる中、東郷さんだけがプレゼントをくれない。
プレゼントをくれなかったからと言って東郷さんへの親愛が崩れる訳では無いものの、一抹の寂しさを感じる友奈。

と、二人での帰り道の途中、東郷さんからプレゼントが。
中身は二人の写真を収めたフォトアルバム。
東郷さん曰く
「(プレゼントの中身が)気恥ずかしかったから、二人っきりの時に手渡したかった」

(*゜∀゜)=3ムッハー!
これ、完全にカップルのやり取りやないかー!

まぁ夏凛ちゃんが
「東郷の事だから、どうせ後で渡すに決まっている」
みたいな事を言っていましたが、その通りだった訳ですね(笑)


で対になる東郷さんのお誕生日イベントは
●東郷さん 誕生日
東郷さんの誕生日のために他のメンバーがプレゼント-モデルガンだの、軍艦写真集だの(笑)-を用意する中、友奈だけがプレゼントを思い付かない。

いよいよ誕生日となった夜、友奈は東郷さんと一緒に学校の屋上へ。
東郷さんを横たえ
「友奈ちゃん、私まだ心の準備が・・・」
と言う東郷さんとニャンニャンシーンへ突入・・・という事は勿論無く(笑)、星空を見せてプレゼントとする事に。

いや~もうこのイベント、東郷さんに突っ込まずにはいられませんヨ。
なに想像したの?
心の準備が出来てたら"よかった"ってこと?

みたいに(笑)

どちらにせよ誕生日に星空を見るとか、カップルのやり取りとしか思えません。
個人的にシンフォギアの響&未来と友奈&東郷さんは似通った所が多いカップルだと思っているのですが、こんな所でも微妙に似た点があるとは(笑)

あと誕生日で印象的なのは樹ちゃんのイベント。
●樹ちゃん 誕生日
大雑把な所があるものの頼れる人物として引っ張りだこ&大忙しの風お姉ちゃん。
そんな中、樹ちゃんは自らの誕生日にあるお願いをします。

それは
「今日だけは 私だけのお姉ちゃんでいて」

(*゜∀゜)=3ムッハー!
もう、もう、もうーーー!

ハイ、これ聞いた瞬間転げまわりました(笑)
アニメ本編でも仲の良い姉妹振りを見せていた二人ですが・・・今回のは百合的な破壊力が凄まじかったです。
まぁ流石に恋愛的な方面には行かないのですが、もうこのセリフだけでも充分です!


あと個人的に一番破壊力が高かったのは遊園地でのイベントでしょうか。
勇者部メンバーで遊園地に繰り出すというイベントだったのですが、初めて遊園地に来た東郷さんは大いに楽しみ、終盤に友奈へ
「まるで・・・夢みたい。友奈ちゃんと知り合ってから楽しいことばかり~(略)」
と話しかけ、それを受けた友奈は
「~なんか、告白されちゃってる気分」
と返します。
そして東郷さんは
「あら、どうして思うの? これが告白ではないなんて」
と。

オオヒヒーーン!!
キッチリ告白イベントディスカー!!
もう萌え転げですよ!!(笑)

まぁ惜しむらくはここで二人とも照れてしまって、流れてしまったらしいという事でしょうか。
個人的にはカップル成立~キスの流れまでやって欲しかったのですが(笑)

ちなみに夏凛ちゃんは風先輩にジェットコースターをハシゴされて白目剥き。
他のイベントでもそうでしたがオチ担当でした(笑)


語りだすとキリが無い&ネタバレが多くなるので詳しくは控えますが、他にも友奈の東郷さんへの想いが見れるエイプリルフールイベントや夏凛ちゃん→友奈が垣間見えるバレンタインイベント等々。

お花見イベントはCG的にも良く、これも見所です。
CGは予約特典のクリアファイルで使われた絵柄ですが、これには差分があり、これまた萌えました!

そう来るんだ!と。
スタッフの分かっている感が凄いです(笑)

他に印象に残ったのは風先輩と夏凛ちゃんのやり取りでしょうか。
子供みたいにお互いに張り合ったり、東郷さんに一人では敵わないと見るや阿吽の呼吸で手を組んだりと何だかんだで仲が良いです。

アニメ本編の記事を書いた際に風&夏凛の良さについて言及されたコメントを頂いたのですが、その時は「あ~それも良いですね」と思うも友奈&東郷さんのインパクトが強くてピンと来ない部分も有りました。

が、今回本作をプレイして、風&夏凛の良さがかなり分かりましたね~。
直球なイチャイチャは無かったですが、こういう関係も百合的に美味しいな、と(笑)

あと印象的だったのは東郷さんが友奈に対して怒る・・・と言うよりは拗ねる、いじけると言った方が正しいかな?といったイベントがあったこと。

東郷さんは基本的に友奈大好き、友奈万歳な人ですが(笑)、こうした友奈への小さな不満を見せるイベントがあったのは個人的には本当にカップルらしくて楽しかった!

相思相愛でもちょっとしたズレがあるのが普通なので、何だか微笑ましいというか。
先ほども書きましたが、スタッフの分かっている感に脱帽です(笑)

最後に「鷲尾須美は勇者である」のエピソードについて言及しておきましょうか。
これも他のエピソードと同じく、先代勇者メンバーの日常のやり取りですね。

そのため記事本文でも書いたように「鷲尾須美は勇者である」を読んでいないと、あまり楽しめないかも知れない所がネックかな。
あと・・・明るく楽しいイベントではあるのですが・・・所々で切なくなるシーンが(T.T)

「鷲尾須美は勇者である」を読んだ身としては「大丈夫、ずっと一緒だよ」だとか「今度も一緒に来よう」だとかのセリフを聴く度に切なくなります・・・。・゜・(/Д`)・゜・。
イベントとしては非常に良いのですが、この辺りはちょっと辛かったですね・・・。


以上でしょうか~。
やや難点もあったものの、ファンアイテムとしては非常に楽しめる・・・キャラゲーとしては充分に良い作品だったと思います。

勿論、純粋にゲームとして楽しめる域にまで達していた方が良いのは当たり前ですが・・・正味のクソゲーになる作品も少なくない事を考えると充分だったかと。
個人的には「結城友奈は勇者である」を楽しめた方ならプレイして損は無い作品かと思いますね。

セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


00:05  |  PSVita アクション+AVG  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

アクションとしては正直残念でしたけど、ゆゆゆのゲームとしては満足できましたね。

シナリオもいろんな組み合わせがありましたし。珍しい組み合わせだと風先輩と東郷さんの和解イベントとか短いけど好きです。

友奈と東郷さんは終始イチャイチャしてた気がしますw夏祭りイベントのCG辺りで2人がイチャイチャしだした時は、「5人揃ってる場面でもおかまいなしか!」と心の中で突っ込みながら読んでましたし。
エイプリルフールとか誕生日とか白百合とか他にも色々、友奈の東郷さん愛が私の予想以上で驚きましたけど相思相愛を感じられてうれしかったですね。(東郷さんの友奈愛については言うまでもないですw)

わっしー関係は幸せであればあるほど切なくなりますね。銀ちゃん本当に良い子だった…。




管理人さんの情報にはいつもお世話になってます。これからも記事の更新楽しみにしています。

あと、記事と関係ないですけど、魔法少女育成計画の新刊出るみたいですね。楽しみに思いつつ続刊してくれることに安心しました。
H |  2015.08.24(月) 09:46 | URL |  【編集】

●H様へ

コメントありがとうございます!

アクションパートもキャラ毎の特徴はよく出ていたので、もう一工夫あれば・・・という想いは有りますね。
まぁアクションはその"一工夫"が難しいのでしょうけれども。

イベントは本当に色々有りましたよね~。
他にも東郷さんと夏凛ちゃんもあまりアニメ本編では絡まなかったので、そういった点も楽しかったです。

いや、ほんとすぐに二人の世界を作りますからね、あの二人は(笑)
他の勇者部メンバーも慣れてしまっている感があって、もう公認カップルですよね(笑)

いやもう「鷲尾須美は勇者である」のエピソードは楽しければ楽しいほど、明るければ明るいほど見終わった後の寂寥感が(泣)
「まほいく」の話題を振って頂きましたが、まほいくの「episodes」を読んだ時の感覚に近いかも知れませんね。
まぁこっちはわっしーが幸せになってくれた事が分かっているだけ、救いが有りますけど。

ありがとうございます~!
色々と手が回っていませんが(汗)、これからも頑張ろうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

「まほいく」はコミック版やWeb小説、とらのあな様のグッズ展開をしつつも、微妙に公式の動きが鈍かった所が有りましたからね(苦笑)

今回もスノーホワイトやプフレなどの既刊組に出番があるみたいでどうお話が進んでいくのか楽しみです。
・・・「まほいく」は常に退場の危険が付きまとうので、そこは戦々恐々ですが(汗)

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2015.08.24(月) 22:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/5844-f0155d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |