FC2ブログ
2019年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.04.12 (Sun)

アニメ短評 全話視聴済(「ガールフレンド(仮)」、「ユリ熊嵐」、「クロスアンジュ」)

●「ガールフレンド(仮)

超絶遅ればせながらの感想です(汗)

以前の感想にも書きましたが、基本的に登場するのは女の子オンリーであるため、お話の基本が女の子の頑張りや友情となっており百合要素は結構あります。

恋愛的な要素はほぼ無いもののライトな百合要素ならかなり楽しめること、明るく楽しい作風であることなどから、肩の力を抜いて楽しめました。

強いて難点を言えば、出てくる娘達が良い子過ぎる事かな。
ネガティブな管理人からすると、みんな眩いくらいに前向き+物事を良い方に取りますから。

第5話の生徒会の話や第7話の小説執筆の話などは管理人だったら「働け!勝手に物事決めるな!この○○生徒会長!」「そんなに催促されたら、逆に書く気が失せるよ・・・」とか言いそうなので(苦笑)

良くも悪くも女の子達が理想的過ぎる所がありますが、その分最後まで明るく楽しい気持ちで視聴出来ました。
百合的にも楽しめましたし、以前に書いたとおりダークホースな作品だったと思います。


BD/DVD




●「ユリ熊嵐

いや~やはり不思議と言うか色んな見方、捉え方が出来る作品でした。
特にラストは銀子と紅羽がどうなったのかすら判然としない所がありますし。

とは言え、先述の通り色んな見方、捉え方が出来る作品なので、そこは個々人の想うところが正解で統一見解を出す作品では無いのかな、と思います。

難しい話を抜きにすると、毎回のように死者が出る展開には驚かされました。
「クマは人を食う」は何かの暗喩かとも思いましたが、そのまんまでしたし(汗)

百合的には主要なテーマの一つという事もあって非常に楽しめましたが、個人的には百合園さんやユリーカ先生が印象的。
特に百合園さんはボイスがまどかや響の悠木さんという事もあり、印象が強烈でした。

ちなみに以前に言及した名字に関してはクマだったキャラの名字(名前)に"百合"と入っていたようですね。

学校内の"異物"であるクマに百合という名前が冠されているのは、やはり少数派の隠喩だったのかな?と思え・・・って、また小難しい話をしてますね(苦笑)

難解にも感じられる物語でしたが、百合という女の子同士をテーマにして色んな捉え方が出来る作風は非常に面白かったです。
またこういった"百合"をテーマにした作品が発表されると良いですね。






●「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

人間関係の変化や様々な謎が明かされたりといった要素が退屈する事なく展開され、基本的には楽しめましたね。

百合的にはオープニングなどで予感させていた通りアンジュは男性キャラであるタスクと結ばれましたが、ロザリーとクリスの関係やヒルダのアンジュへの想いなど見所もあり、個人的には楽しめました。

ヒルダが自身の想いを「変」と自嘲したのには百合好きとしては少々複雑な気持ちにさせられましたが、アンジュが小気味良くその想いに応えてくれたのは良かったです。

まぁ百合的には意味深な出会いを果たした割にはサラ様との特別な絡みがほとんど無かったのは少々味気無かったですが(苦笑)

ストーリー的には冒頭に書いた通り基本的には楽しめたものの、シリアスな展開をしだしても俗に言うラッキースケベなどのギャグみたいなお色気要素を入れ込んできたり、キャラが脈絡も無く助かっていたりなど強引さを感じる面もありました。

お色気要素は嫌いでは無いのですが、シリアスな話をしている時に強引にねじ込まんでも・・・という想いが。
個人的にラッキースケベ要素があまり好きではないというのも大きいですけどね(苦笑)

キャラが助かる・・・は終盤のタスクとモモカの事ですね、ハイ。
「ご都合主義的に助かる」と言うのは創作ではお約束なので、そこをあまり云々言うのはどうかな~とは思いますし、そういった展開も決して嫌いではありません。

が、・・・これまでモブキャラや新兵の娘達などが容赦無く死んでいく描写が何度も出て来た中で、あの二人だけ何の脈絡も無しに助かっていたのは少々強引に過ぎる気がします。
(一応、モモカは胸への弾丸をフライパンで防いだ描写がありましたが、高所よりの落下+爆発はどうやって凌いだのか・・・)

意地の悪い見方をすると主要キャラだから殺すとマズイ、という製作サイドの都合で死なずに済んだとも取れる訳で。
繰り返しになりますがほとんど出番が無いとは言え同じ人間であるキャラがバカスカ死んでいる状況なのですから、こじつけでも良いから理由付けが欲しかったな、と個人的には思います。

あと理由付けと言えば、ラストのヴィルキスの起動もちょっと、う~~ん(--;)
リベルタスの要として延々指輪を付けたアンジュしかラグナメイルとして運用出来ないとされ、それがネックになった状況も多々あったのに結局は他人(タスク)の呼び掛けで起動すると言うのは・・・。

これも先ほどと同様に想いの力で奇跡を起こすという展開自体は嫌いじゃないのですが、前振りが全く無い状況でいきなりかまされると都合良く見えてしまうので。

それに想いの力が云々と言うならば、ベクトルや質は違えどこれまでに搭乗したジルやサリアの想いってそんなに弱く軽いものだったんだろうか、と。
まぁこれに関しては指輪の有無等の要素がありそうなので、何とも言えない部分もありますけどね。

と、ちょっと辛口な感想になってしまいましたが、最後まで楽しく見れるだけのパワーはあったと思います。
段々と小物臭くなっていくエンブリヲを吹っ飛ばすのは中々に痛快でしたしね(笑)

ちなみに本作はPSVitaソフトでの発売が予定されており、当サイトでも話題にしている通りオリジナル女性主人公"ナオミ"による(恐らく)百合ゲーです。

ゲームオリジナルの展開をするとの事で、このアニメ本編ではタスクと結ばれたアンジュと親交を深めた場合どういった展開になるのか?
などの点でも楽しみな作品であり、まだまだ興味の尽きない作品です。


BD/DVD


このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:30  |  他事 アニメ(作品紹介)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/5400-a32202e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |