FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2015.03.08 (Sun)

PSVita百合ゲーム紹介「バレットガールズ」

要約

まずざっくりと本作の印象を述べると
百合的には可も無く不可も無し。楽しめるかは個々人の妄想力次第(笑)
ゲーム的には、総合的には面白く楽しめる。ただ個々に見ていくと練り込み不足に感じた点も多く、詰めが甘いという印象もあり。

でしょうか。

まず百合要素で言えば管理人は全イベントを見ていないものの、ざっとクリアするまででは特筆するレベルのイベントは無かったですね。
ですが男性キャラが場を引っ掻き回す、キャラクターが百合要素に対して否定的な言動をするなども無く、そこは好感触。

またミッションが基本的にコンビ(アタッカーとサポーター)で進行する形式なため、ペアをテーマにしたイベント(玲美と月代)や終盤の彩と優理奈のイベント、意味深な過去設定があるらしい麻衣&陽希など、設定的に百合妄想できるイベントがあるのは◎

メインのストーリーイベント以外にも細かいミニイベントもちょくちょくあり、女の子同士の掛け合いはかなり楽しめます。
先述したように妄想力次第な所がありますが(笑)、決して全く楽しめないと言う事は無いかと。

ゲーム的には冒頭にも書いた通り、個々の練り込み不足がありつつも総合的には良い仕上がりになっていると思います。
特にアクションで重要なキャラの動きや当たり判定にストレスを感じる事はほとんど有りませんでしたし、時間制限がある事で個々の戦闘は楽勝でもミッションとしてはほど良い難しさになっている点は非常に良いと思います。

とは言え、不足に感じた点も少なくありません。
ざっと挙げると
・CPUの動きや出現が単調、機械的
 (横で味方が撃ち倒されても反応しない等)
・アサルトライフルが突出して強い
 (逆に言うとそれ以外の武器の有用性が低い)
・実質的な武器数が少ない
・キャラ性能の差があまり無い
・ストーリーが駆け足気味

などでしょうか。

CPUの動きが単調、機械的なのは時間制限がある事もあり結果として難易度的にはヌル過ぎない設計になっているので良いのですが、アサルトライフル以外の武器の有用性が低い事や実質的な武器数が少ない事は少々味気ないところ。

特に爆発物である手榴弾、バズーカは使い辛い割に結果として威力が低く出番があまり有りません。
え?女の子を剥くのに活躍する最重要武器だって?

いやまぁそれは否定しませんし(笑)、高ランク取得や各種要素解放に衣装破壊が必要な事は確かです。
ただ本作の仕様として衣服で覆われている面はダメージを衣服が肩代わりするようなんですね。

そういった仕様であるため、バズーカを直撃させても衣服がチョバムアーマーの如く弾け飛んで中身のキャラは無事と言うパターンがほとんど。
そのため爆発で纏めて攻撃できると言う利点があっても、結局は再攻撃が必要であり、時間制限がある事も手伝って使い辛い印象が残ります。

ハンドガンはロックオン出来る、ショットガンは近距離で威力を発揮する、と言う特性があるものの(管理人はクリア後に攻略を見るまで気付きませんでしたが(笑))回避動作中の射撃で擬似的なロックオンが出来る事や上記の衣服仕様があるため、アサルトライフル以上の有効性を持つシチュはまず有りません。

アサルトライフル(ライフル)がズームによるヘッドショット攻撃(すぐに敵を倒せる)が可能な事、戦車などの装甲目標が相手だろうと爆発物以外の武器でも倒せると言う事を考えると、ますます他の武器との差は広がります。

武器数は上記のハンドガン、ショットガン、アサルトライフル、手榴弾、バズーカの5系統にそれぞれ2種類の武器があり、それぞれにレベル1~3まであるので計30種類あるのですが、レベルが違っても威力以外の使い勝手は変わらないようなので実質的には10種類。

またキャラ性能も武器5系統のうち、どれが得意かと言う設定はあるものの、こちらも威力以外には影響を与えないようですし、サポーターに至ってはキャラ毎の性能差は無いようです。

これに関しては数が少なく寂しく感じる点ではありますが、シンプルに纏まっていると言うことの裏返しでもあるので一概にマイナス点であるとは言えません。

キャラ性能差に関しても誰がお気に入りのキャラでも使えるように・・・と言う考え方で行くならば、大きな差を付けなかった事は間違いでは無いとも言えます。

ただサポーターに関してはストーリーモードにおいてサポーターの得手不得手が重要なテーマになったシーンがあった事を考えると、"どのキャラがサポーターをやっても実質的には一緒"と言う仕様はストーリーへの感情移入という点においてはあまり良い仕様ではなかったと思います。

アイテム探しなどのミッションでは「サポーターが得意と言うなら援護射撃しろとまでは言わないから、どこにアイテムがあるかくらい教えてくれ~!」と言いたくなる事も(笑)

ストーリーに関しては上記のような実際の仕様と設定のズレと共に駆け足気味だったところがありましたね。
特に各キャラに色々と設定がある事を伺わせながら、キャラの掘り下げがやや少なく感じるところも。

作中で言及されていた"他校との模擬戦"があればストーリー性も高まったように思いますが、今回は夏季合宿という地理的にも時間軸的にも狭い範囲でお話が展開されていたので。
まぁその分、肩の力を抜いてプレイできたとも言えますけどね。

あと以前に情報を頂いたでポイントに関してですが・・・確かにナビゲートキャラは非常に高価。
とは言え、それ以外の武器や衣装などに関しては普通のポイント値になっているため、個人的にはそれほど問題は無いように感じました。
デフォルトのナビゲートキャラである冥香さんも充分魅力的ですし、個人的にはあまりそういった要素をそこまで気にしない性質なのでr(^^;)

以上でしょうか。
少々辛口な事も書きましたが、冒頭にも書いたとおり個々の部分の詰めの甘さはあるものの総合して見れば面白い作品に仕上がっていると思います。

特に女の子が終始うるさいくらいに喋ってくれる事や無駄に気合の入った着せ替えモードや尋問モードはエロゲーキャラゲーとして非常に秀逸であり、アクションパートが充分楽しめる水準に至っている事を考えると決して悪くない作品だと思います。

お色気要素が強い所は人を選ぶと思いますが、個人的にはアクションが苦手or嫌いでなければ楽しめる作品だと思いますね。

対応機種 :PSVita
ジャンル :アクション
プレイ人数 : 1人

作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い


こんな人にオススメ
●アクションゲームが好きな方
●お色気要素が好きな方

百合的な見どころ
●部員同士の掛け合い

ゲーム的な見どころ
●キャラが良く喋る
●総合的に見ると良くまとまった難易度
●やり込み的要素(アイテムやイベント収集)
●尋問特訓(笑)

注意した方が良いかも?な点
●武器の種類は少なめ
●お色気要素が強い
●ナビゲートキャラ購入のためのポイントが非常に高価
●アサルトライフルが突出して強い、回避を連打すればまず被弾しないなど本格派の方に取っては詰めの甘い仕様


公式サイト
バレットガールズ(Bullet Girls)

当サイトの関連記事
「バレットガールズ」コメントにて感想情報を頂きました!

攻略本


Amazon特典付/通常版


このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:52  |  PSVita アクション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/5280-fe8c60b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |