FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2014.11.24 (Mon)

電子書籍(kindle)利用所感

さて、以前にネタとして自炊(本の電子書籍化)について語りましたが、今回は電子書籍について語ろうかと。
※当サイトの関連記事
生存圏獲得闘争

とは言っても管理人が扱った電子書籍はkindleオンリーで、それ以外については耳学問です。
なので場合によっては的外れな事を書いているかも知れませんが、まぁそこは笑って突っ込んで下さいr(^^;)
では順に語って行きましょう!


電子書籍(kindle)の利点
●場所を取らない、重さがほとんど無い
電子書籍の最大の利点でしょう。
何せ、(端末の容量にも拠りますが)何百何千もの本がたった一つの端末に収まってしまう。

言葉では実感し辛いですが、この恩恵は相当に大きいです。
例えば百合漫画作品を一つコンプ・・・ちょうど部屋の表層(笑)に「ささめきこと(全9巻)」があったので、それと端末(kindle)を見比べてみると・・・
kindle、紙本大きさ比較1
kindle、紙本大きさ比較2

上記の写真のように、たったB6コミックス9冊でもこれだけの差が出るんですね。
またタイトルにも書いた通り本の重量は中々侮れない物がある事を考えると、その利点は更に大きくなります。
・・・本の重量を甘く見ていると、いつの間にか床が傾いていたりしますし(管理人の部屋がそう(--;))

勿論、紙の本を本棚に並べた時の壮観さを否定するつもりはありませんし、「今日は何を読もうかな~」と指を走らせる感覚は堪りません。


よほどしっかりした居住空間を持つか、本の在庫管理をしないと、この状況って維持出来ないんですよね(T.T)
(その辺りの悲哀は以前にも書きましたが)

それに部屋での保管が万全でも外で本を読む場合や引っ越しする事になった場合・・・つまり持ち運びと言う観点では圧倒的に電子書籍が有利。

幸いにも百合要素のある本が多数刊行されている状況を考えると、やはりこの「場所を取らない、重さがほとんど無い」と言う電子書籍の利点は大きいです。



●すぐに読める(在庫切れが無い、目当ての本が検索ですぐ見つかる)
勿論、お金や良好な通信状態、目当ての本が電子化されているなど前提条件がいくつか必要ですし、現状では紙の本より電子書籍の方が刊行が遅い傾向が強いです。

ですが在庫切れが無い、目当ての本が検索ですぐ見つかるなどの利点はやはり大きいです。
特に最近は様々な本が刊行される分、ニッチな作品はすぐに在庫が掃けたり絶版したりするので。

綺麗な古本があれば良いのですけど、それが無かった場合の事を考えるとやはりこのメリットは大きいですね。



●(作品によっては)カラーページが収録、見開きが綺麗
紙の本と違い、電子書籍はカラーページ収録による印刷コスト上昇が無いので作品によってはカラーページが収録されています。
また"綴じ"が無いので見開きが綺麗に収録されている事も。

まぁしつこく書いていますが、これは"作品によっては"なので一概に利点とは言えないかも知れませんが。

これは後述しますが、作品によっては電子書籍になるに当たって削除されてしまっている部分もあり、紙の本と比べてデメリットになっている作品も少なからずあります。

※管理人が見ている限りだと、ガンガンコミックス系の電子書籍はカラーページやカバー裏表紙などが収録された"完全収録版"と言うべきバージョンが配信されている事がほとんどですね。
オススメはこの辺りかな?



●本の管理が楽(検索などの機能が使える)
本が増えてくると辛いのが目当ての本を探し出す事です。
特に管理人のように本が本棚に収まらず、1メートル以上平積みするブックタワーが林立する事が常態化してしまうと本が行方不明になる事はザラです(笑)

そういった人間からすると検索するだけで目当ての本が読めるのはかなりのメリット。
もう感想記事を書く際に「あの本、どこに置いたっけ・・・?」などと呟く事はありません!(笑)

またkindleに限らず電子書籍は購入履歴が残っていく事がほとんどなので、同じ本を購入してしまうなどといった愚行を犯す事も無いでしょう。
・・・余談ですが、管理人は紙の本でその"愚行"を覚えているだけでも2回はかましています(--;)


●保存性が高い
これは電子書籍と言うよりはデジタルデータの特性と言うべきかも知れませんが、保存性が高い・・・要は基本的に劣化しないと言う事ですね。

紙の本の利点は数多くありますが、その良さを潰してしまう要因の一つが劣化です。
古文書のようにボロボロになるとまでは行かなくても、日光にさらされていつの間にか紙が日焼けしてしまった・・・と言う経験をされた方は多いのでは無いでしょうか。

管理人の場合、こんな劣化に遭遇した事も。
紙本日焼け跡
何でこんな染みが付いたのか謎。
変色跡が綺麗に四角なので挟んでいた広告が原因なのかなぁ。

こういった心配が要らないのはずぼらな性分である(笑)管理人に取っては大いに助かる点です。


以上が電子書籍の代表的なメリットかと思います。
が世の中、表もあれば裏もある。
当然の事ながら電子書籍にもデメリットがありますので、次はそれらを挙げていこうかと。


電子書籍(kindle)のデメリット
●初期コストが高い
これは端末を購入すると言う点は勿論、電子書籍のソフト(アプリ)の扱いを習得する、支払い決済の手続きの設定などの手間も含めてのコストですね。

これは人によって負担の度合いが違う-日頃からスマホなどに慣れている方はあまり苦にならない可能性が大-とは思いますが、紙の本は文字さえ読めれば簡単確実に読める事を考えれば、その手間は比較にならないほど多く煩わしい。

ずっと紙の本を読んで過ごしてきた方にとっては最初の難関になる点かと。


●(作品によっては)カバー裏表紙などが削除されている
メリットの項で少し触れましたが、漫画のコミックスでは電子書籍化に当たって削除されている要素がある場合も多いです。
具体的に言うとカバー表紙以外の部分(裏表紙、背表紙、裏表の折込)やコミックス本体の表紙、裏表紙、背表紙は高確率で削除されています。

お陰でカバーに隠されたコミックス本体表紙に収録されているオマケ漫画やカバー折込に書かれた作者コメントが読めなかったりする作品も多々あります。

酷い場合はあとがきでそれらの要素に触れられているのに、電子書籍版でそれらの要素を楽しむのは不可能と言う・・・。
そういった"削除"が行われている作品は大抵の場合、紙の本に比べて多少値引きされた価格設定になっていますが・・・全ての要素を楽しむには紙の本でなければならないと言うのは大きなデメリットと言わざるを得ません。

個人的な思い出ですが、電子書籍版で購入した「ハクメイとミコチ」を本屋で見かけた際、その裏表紙の描き込みに驚くと同時に「これも収録してくれよ、電子書籍版・・・」と思ったものです(--;)

百合的には恋愛寄りと言う訳では有りませんが、世界観など総合的な雰囲気がかなり好みです



●(作品によっては)見開きがずれている、解像度が低い
これもメリットの項で触れましたが、見開きが綺麗に収録されている作品がある一方でずれた状態で収録されている作品もあります。
この"ずれ"は紙の本では基本的に避けられないので、デメリットと言うには酷かも知れませんが「せっかくの電子書籍なのに・・・」と言う想いに駆られるのは否めません。

また作品によっては解像度が低いため小さい字が読み辛い事も。
そういった文字は大抵の場合、フキダシ外のあまり重要でないセリフ等である事が多いのですが、やはり明瞭に読めないと言うのは気分の良い物ではありません。

また恐らくは解像度に起因していると思うのですが、作品によっては"線"が綺麗に出ていないと指摘される事も多いですね。
管理人は絵心が無いため、この辺りはあまり良く分からないのですが漫画家さんやイラストレーターの方のサイトなどで言及されている事があり、見る人が見ればクォリティに不満が残ると言う事なのでしょう。


●(状況によっては)手軽さに欠ける
利便性の高い電子書籍ですが、やはり状況によっては使い勝手、手軽さに欠ける局面もあります。
まず、一冊の本の中身をパラパラ~と見る事が出来ない点。

紙の本では無いので当たり前と言えば当たり前ですが、ざっと内容を見ようと思った時にこれが出来ないのは地味に面倒です。
それにこれだとパラパラ漫画が作れないですし(笑)

まぁ冗談はともかく、書き込みも出来ないのでコミックスなど鑑賞用の本ならともかく勉強や資料に使う本としては不適になる事が多いでしょう。
付箋も貼れませんしね。
(一応、付箋機能もああるようですが・・やはり紙の本に実際に付箋を貼った方が色々と手軽で便利でしょう)

また、これも当然と言えば当然ですが、端末は電化製品なので電気が無いと使えません。
充電を忘れていたり、電源(充電用)ケーブルが見つからなかったりと意外に"バッテリー切れ"で読書を中断せざるを得なかった・・・と言う方も多いのでは?


●耐久性に欠ける
これはメリットの項で挙げた"保存性が高い"と相反するようですが・・・考えて見て下さい。
もし貴女が彼女とケンカをし、逆上した彼女が紙の本と電子書籍(端末)を投げ付けて来たとしたら?

そう、よほど保存状態が悪くなければ紙の本はせいぜい破ける程度で済むでしょうが、電子書籍(端末)は貴女の脳天ともどもクラッシュする可能性大です。

まぁこれは冗談めかして言っていますが、紙の本ならクォリティを低下させながらも耐えられる状況も電子書籍(端末)だと一発即死と言う場合が少なからずあります。

例えば
・水などで濡れる
・持ち運び中や机の上から落っことす
・ぶん投げられる
・強い電磁気を浴びる
・踏まれる
等々。

考え方にも拠りますが、紙の本に比べ丁寧な扱いが求められると言う事は言えるかと思います。
まぁこれは電子書籍の端末の方の話でデータの方はバックアップさえしていれば問題無いと言う見方も出来ますし、そのデータも大抵の場合は電子書籍販売サイトの購入履歴から再ダウンロードできますけどね。


以上でしょうか。
つらつらと書いて来ましたが、デメリットの方が多いんじゃ・・・と感じた方も少なくないと思います。

正直、管理人もコミックス(漫画)に関しては一部削除バージョンの配信が主流と言う事もあり、デメリットを感じる事は少なくありません。
まぁ、これはバージョンアップされる可能性がゼロでは無いので、そういう意味では希望が無い訳ではありませんが・・・。

しかし、この点を差し引いても"コンテンツ"として考えた場合、電子書籍が紙の本より勝ると言う事は無いでしょう。
と言うのも、今の電子書籍は正確に言えば"電子化書籍"でしか無いからです。

考えても見て下さい。
紙の本ならではの楽しみ方・・・例を挙げれば
・開くと人物や建物が立ち上がる、所謂"飛び出す絵本"
・キャラクター等のシールを自由に貼り剥しが出来る本
などが出来る電子書籍は管理人が知る限り存在しません。

またこういった絵本に限らず、コミックスにしても遊び心・・・例えば
※「クレムリン」 ページの側が真っ赤。
何故、赤いかは内容を見て頂ければ何となく分かるかとw
紙本演出
こういった表現は出来ませんし、先述したパラパラ漫画も表現出来ないでしょう。

こう書くと電子書籍をこき下ろしているみたいですが、コンテンツとして電子書籍が劣るのは当然です。
何故なら紙の本は千年レベルで研鑽、洗練されたものです。

それが始まって100年も経っていない物が易々と凌駕できるはずが無い。
ですが、その分、新しい可能性も充分にあると思います。

現状でも、作中で気になった単語をタッチ(クリック)するだけでネット検索などですぐに調べられると言う電子書籍もあるそうで、これは紙の本には無い利点です。

またデジタルだとカラー化が比較的容易と言う点を活かして、過去の作品がフルカラー化されていたりします。

これらもまだまだ"電子化書籍"の延長線上だとは思いますが、これから電子書籍が普及し根本から電子書籍として設計された作品が増えれば更に魅力的な作品が出てくるのでは無いでしょうか。
先述したフルカラー作品は勿論、音声を付加したり、技術が進めば画面から絵を飛び出させる事も可能かも知れません。

現状では紙の本に見劣りする面もありますが、だからこそこれからの進歩が楽しみな媒体ですね。
と言うか、電子書籍にしないと部屋の床が抜けかねない管理人としてはそうでも思わないと色々と切ないです(T.T)

色々と台無しですね。


管理人が利用している端末
充電器が別売なのはちょっと面倒だったかな。USB充電できるけど、やっぱりコンセントの方が手軽。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【続きを読む】

はい「続きを読む」ではFindle Fireの活用術をご紹介!
・・・と言っても大した事じゃないんですけどねr(^^;)

要約すればアプリを2つ入れるだけですし(苦笑)
ただ、これのお陰で劇的に使い勝手が上がったと感じたのは確かなので、管理人のようにKindleに馴染みが無い方の参考になれば、と思います。


●Perfect Viewer(パーフェクトビューワー)



「いきなり有料アプリかよ!」と怒られそうですが(汗)、300円程度の出費で使い勝手が劇的に向上する事を考えると安いものです。
では、管理人が感じたメリットとデメリットを列挙します。

メリット
・zipなど多数のファイルを読み込み可能(zipなど様々なファイルにした本を読める)
・読み込み可能なファイルが多い=いちいちKindle用のファイル(pdfなど)に変換しなくて良い
・外部ストレージ(HDDなど)にアクセスでき、端末にDLしなくても読み込み可能
デメリット
・有料である
・多機能であるため設定や操作に慣れるまでが辛い
・Kindleファイル(azw)は読み込めない

以上でしょうか。
こう書いていくと、あまり大きなメリットに見えませんが・・・先述したように劇的に使い勝手が向上します。

特に自分で本を電子書籍化している(いわゆる"自炊")方やそれによって容量が不足している方に取っては必須と言えるレベルのアプリになるのでは無いかと。

これは管理人の例ですが無線LAN機器にストレージ(HDD)を接続、そのストレージに電子書籍(zipファイルなど)を保存して読むようにすれば容量にかなり余裕が持てます。

勿論、接続するHDDにも拠りますがKindle Fireの場合、端末の容量はせいぜい64GBだと考えるとその差は雲泥の差。
管理人が使用している端末は16GB、接続しているHDDは2TBなので、この場合だと実に約16倍もの差が生じる事になります。

管理人が使用している機器。

この無線LANは簡易NASと言う事でストレージへのアクセス制限などが出来ません。
なので、すぐ使えて楽な分、複数の人間(家族など)がアクセスする状況ではファイルが丸見えになるのがネックと言えばネック。
迂闊に百合姫コミックスなど置けない!と言う方は機器の選択が重要ですねw


端末の容量はシステムが使う領域やアプリを更新する際に空きが必要だったりで、フルに使える訳では無い事を考えると更にその差は広がります。

勿論、無線LANの電波が届かない場所ではストレージは利用できませんし、通信状態によっては満足の行くレスポンスを得られない可能性も。

とは言え、無線LANの届かない場所へ行く時に必要な分だけ端末にDLしておけば良いですし、最近の無線LANの性能を考えればよほど大きいファイルで無ければストレスが溜まるほどレスポンスが遅くなる事は無いかと。

余談ですが、3G回線やクラウドサービス等を活用すれば無線LANの電波が届かない場所でも・・・要はいつでもどこでも端末の容量以上の本を読む事も可能かも知れません。

まぁ試した事が無いので実際の所は分からないのですがr(^^;)
管理人、基本的に家から出ない人ですし・・・(--;)

デメリット・・・有料と言っても300円程度ですし、多機能であると言う事は慣れて来ればメリットに転じるとも言えます。
これでKindleファイル(azw)が読み込めれば全ての電子書籍ファイルを外部ストレージに置く事が出来るため、言う事無しだったのですが・・・個人的にはそれだけが残念ですね。


●ES File Explorer


端末内やNASなどに接続された外部のストレージ内を参照、操作できるアプリ。
Windowsなどで言う"エクスプローラー"ですね。
では、こちらもメリット、デメリットを挙げておきましょう。

メリット
・無料
・KindleFireでファイル操作が可能
・外部のストレージにアクセス可能で端末にDLせずに動画再生可能
デメリット
・再生できる動画の種類が少ない(MP4以外のmpegなどは不可)
・動画以外のファイル(zipファイル化した本)は読み込めない
 (音楽ファイルは読み込めるかも?)

"エクスプローラー"と言う事で、実を言うとあまり良く分かっていないアプリだったり(汗)
なので、管理人に取っては外部のストレージ上で動画が再生できるアプリと言う認識ですね(笑)

とは言え、動画ファイルはサイズが大きくなり勝ちなので端末の容量を使わずに視聴できるメリットは大きいです。
惜しむらくは再生できるファイルの種類が限られる事でしょうか。
mpegが再生出来ればアカイイトのOPも再生できたのに・・・!


はい、活用とも呼べない活用術いかがでしたでしょうかw
もっともっと活用している方はたくさんいらっしゃるでしょうが、KindleFireに触れていない方に取っては少しくらい参考になるかと思い、書いてみました。

正直、このアプリをインストールしないとKindleさんは全然使い道が無かったので(笑)
やる事自体は標準のKindleFireで可能でも手間が掛かり過ぎますからねぇ・・・。
(容量のやり繰りや読み込めるファイルへの変換、端末への転送など)

管理人はKindleFire以外の端末は使った事はありませんし、用途も本を読むか動画を見るくらいにしか使っていません。
なので"端末"として優秀か?と問われると何とも言い難いです。

ただ管理人がそれほど多方面に活用していない事もあり、特に問題は無いですね。
色々な方面で活用を予定されている方はともかく、本を読めればOKと言う方に取っては充分な端末だと思います。

セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


22:31  |  ネタ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

「貴女」と「彼女」なところに強い熱意を感じたw
自分は電子書籍はスマホを使って読んでいて、主に手軽に読めてカバー裏にオマケのある心配がないライトノベルや、(百合的に)多少の不安がある作品を購入しています。地雷だった作品が他の作品と一緒に本棚に並んでいると見ていて切なくなりそうなので……
スマホと一緒に本も持ち歩けるというのは本当に便利です。待ち時間など暇な時には重宝します。時々セールがあったり、紙の本より安いものもあるのでその点も嬉しいですね。それだけ多くの本を買えるということですし。
他にも大量にブックマークやメモがつけられたり、難しい単語が出てきたときに辞書機能があるのも便利です。
でもやっぱり柔軟さに欠けている感じはありますね。前のページが気になってそこを見つけようとパラパラとめくることができなかったり。
そもそも欲しい本が売ってないこともあります。
現状電子書籍一筋というのはなかなか大変かもしれません。それでも確かにとても便利なものなので、必要と使い方、読み方に応じて紙の本と使い分けるのがいいかなと思います。
 |  2014.11.24(月) 23:40 | URL |  【編集】

耐久性に関しての指摘はシステムへの理解不足では?と思います
Amazonに限らずですが、電子書籍は複数デバイス対応していたりするので
仮に今お使いのKindleが壊れてもスマホから読むという方法もありますよん
なので安心してお使い下さいませ

まあ耐久性に関しては私も頑張ってほしいなあと思います
 |  2014.11.25(火) 12:51 | URL |  【編集】

●Re

コメントありがとうございます!
長文、読んで頂けて嬉しいです!

やはりスマホを日常的に使われている方に取っては利便性が格段に高いようですね。
ただ、ご指摘の通り電子書籍だけで本を買うのは難しいですよね。

パラパラめくりが出来ないのは操作や慣れで何とかなるとしても、収録されていないページがある事や本が売られていないのはどうしようも無いですから。
それを考えると仰れる通り紙の本と使い分けていくのが良いでしょうね。
電子書籍には電子書籍の、紙の本には紙の本の良さがありますしね。

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2014.11.25(火) 21:30 | URL |  【編集】

●Re

コメントありがとうございます!
長文、読んで頂けて嬉しいです!

ご指摘、ありがとうございます!
一応、kindleの書籍はアプリを入れれば他の媒体(スマホ)で読めると言うのは知識としては知っていたのですが、自分がスマホを持っていない事もあり言及できていなかったのは反省点だと思います。
まぁそういった不足部分や勘違いも含めて電子書籍に不慣れな人間が電子書籍(端末)を扱うとどういった感想や考えを持つのか、と言う風に見て頂ければ・・・と思います。

誤って落としたり、踏んだり・・・と言うのはそれなりに高い確率で起こり得る事ですからね。
電子書籍のデータ自体は販売サイト等にありますから、そこはそれほど問題は無いでしょうが端末自体は勿論のこと様々なデータが失われる事を考えると、やはり物理的な堅牢性がもう少し欲しいと思いますね。

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2014.11.25(火) 21:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/4943-45424a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |