FC2ブログ
2020年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.05.08 (Thu)

艦これ小説短評

作品感想を書くペースが絶望的に遅いので、短評と言う形で何とかスピードアップを図ろうかと。
どの程度、役に立つかは分かりませんがお暇があれば~。
※当サイトの次の記事
艦これ小説短評その2


●「艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 一航戦、出ます!」
一航戦とありますが、赤城、加賀以外の艦娘の出番&活躍も多め。
大まかな内容としては男性提督の元、艦娘が一致団結して目的を果たす(ボス打倒)と言うもの。

ほぼ全ての艦娘が男性提督に好意的なものの、ラブコメ要素やエロ要素はほとんど無い事や男性提督が不器用ながら真面目な人物であるためハーレム物みたいな印象は薄いです。
本作の雰囲気を既存作品で例えればTVアニメ版「アイドルマスター」に近いですね。

百合的には天龍&龍田、長門&陸奥などのエピソードが見所。
先述した通り男性提督への好意(信頼)はあるものの、それとは別に相方の艦娘への強い絆を感じさせます。

個人的には男性提督の出番や立ち位置を優遇しつつ、百合要素も両立した本作は百合に興味の無い読者に興味を持って貰える可能性を含んでいると言う点で好印象です。

ただ、男性キャラが出張るのは苦手と言う方や男女恋愛に発展する可能性があるのは辛いと言う方は一考の余地があるかも知れません。
(男性提督に恋愛感情的な好意を持っている事が仄めかされた艦娘もいたので)

本/kindle版



●「艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!」
艦これ小説の中では恐らく百合度が一番高い作品。
大まかな内容としては、駆逐艦娘の陽炎は鎮守府異動の後、寄せ集め&落ちこぼれ艦隊である第十四駆逐隊の教導(リーダー)を押し付けられる。
個性的なメンバーに辟易しながらも、持ち前の明るさと行動力で艦隊を纏め上げていくが・・・と言うもの。

ストーリーとしては王道路線で非常に読み易いですね。
まぁ陽炎達が駆逐艦の割にメチャメチャ強いな~と感じる場面はありましたが、その分ピンチにもなっているのでバランスは取れているかと。

百合的な見所は多いですが、まずは陽炎と不知火の関係でしょうか。
1巻冒頭で陽炎が異動するため不知火の出番は実質2巻からなのですが、陽炎が不知火、不知火言い過ぎ(笑)

特に2巻序盤は不知火に再会出来ると聞いてはしゃぎ回り、終いにはわざわざ休日中の第十四駆逐隊のメンバーを招集して不知火を紹介すると言う始末。

その様は「恋人自慢かよ!」と突っ込みたくなるレベルですw
(ちなみにこの辺りは試し読みページで読めます)

次は陽炎と第十四駆逐隊のメンバーとの関係。
特に曙は陽炎をかなり意識しており、ほとんどツンデレヒロインですw
そのため第2巻では不知火と陽炎を賭けて決闘する事になったり。

その他のメンバーも大なり小なり陽炎を意識しているため、第2巻の頃には第十四駆逐隊は陽炎の百合ハーレム一歩手前の様相を呈しています(笑)
あとは地味に高雄&愛宕も良かったですね。

ちなみに本作も男性提督が登場しますが、基本的に艦娘に雑な扱いを受けている&出番は少ないで、決める所は決める昼行灯タイプといったところ。

どちらかと言えば下っ端に分類される陽炎が主人公の本作で提督が出張るのは少々変ではあるので、順当な流れですね。
まぁ百合的にはその方が読み易くはありますが(笑)



kindle版



●「艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆」
瑞鶴が主人公と言う事で期待していた作品でしたが・・・個人的にはちょっと合わなかったですね。
大まかな内容としては大戦中の記憶(艦としての記憶)を持った瑞鶴が姉である翔鶴の不運と自己犠牲的精神を改めさせるために頑張ると言うもの。

百合的には鶴姉妹のやり取りに何かと瑞鶴に突っ掛かる飛鷹など悪くない・・・のですが、如何せん作品の書き方が。
と言うのも本作は大戦中の記憶が重要なテーマとなっているせいか、"艦"の解説がやたら多くキャラ・・・"艦娘"としての瑞鶴達の魅力があまり感じられなかったんですね。

そのため盛り上がり所があったものの今ひとつ感情移入出来なかったのは残念。
続刊が予定されているとの事なので、今後に期待したい作品です。

本/kindle版



以上でしょうか。
短評と言う事でかなり早足な感想に(汗)

とは言え、その分早く書けたのは確かなんですよね~。
精度や文量とスピード、どちらを優先すべきか中々悩むところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:44  |  他事 小説(作品紹介)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

鶴姉妹好きなんで百合目当てに鶴翼の絆買おうか迷ってましたが、続刊まで様子見しようかな
それとも本屋で文章が自分に合うか試し読みしてくるか…
管理人さんと同じく最近積んでる作品が増えてきたので急ぐ必要は無いんですけどねw

ここの評価は参考にさせて貰ってるので短評でもあると嬉しいですよ
百合作品として楽しめるかどうかがわかるだけでもありがたいですし(文章が合うかはともかく、そういう意味では鶴翼の絆も安心できましたしw)
 |  2014.05.09(金) 10:40 | URL |  【編集】

●Re

コメントありがとうございます!

「鶴翼の絆」は百合的に見ればマイナス要素は特に無いですね。
ただ、記事本文でも書いたように個人的には合わなかったです(--;)
管理人も鶴姉妹好きなので、期待度が高過ぎたのかも知れませんがr(^^;)

積み作品増えてますか~。
それだけ百合要素のある作品が増えていると言う見方も出来るので喜ばしい事ですが・・・やっぱり辛い所ですよね。

おおお!参考になってますか!?
嬉しいやら恐縮するやらで、何かもう!
とにかく、ありがとうございます!

しかし、そういうご意見がある事を考えるとスピード重視にするのも検討に値しそうですね。
まぁ作品鑑賞の時間がうまく取れてない状況なので、スピード重視と言っても高が知れているのですが(滝汗)
サイトを始めた時からの課題ですが、中々難しいです。

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2014.05.10(土) 00:56 | URL |  【編集】

返信ありがとうございます
艦これ小説はどうしても提督(男)が出てくるために身構えてしまうんですよね
男キャラクターが駄目なわけではないですけど、過去の作品選び失敗の経験から百合を重視している作品以外はどうしても警戒心が…

記事のペースは管理人さんの続けやすいのが一番ですよ
張り切ってすぐに疲れてしまった知り合いもいますし
それでは失礼します
 |  2014.05.10(土) 08:02 | URL |  【編集】

●Re

コメントありがとうございます!
またお越し頂けて嬉しいです!

こちらこそ、丁寧な返信ありがとうございます。
艦これは基本的に提督=男性な所がありますから。
艦これに限った話ではありませんが、どうしても女性キャラ多数に男性キャラ一人だけだとハーレム物みたく感じてしまう面があるので、百合好きとしては…ですね。
まぁそれでも百合専門作品が増えてきた事を考えると、一昔前に比べれば相当に楽になった方ですがw

そう言って頂けると助かります!
至らない点も多いですが、燃え尽きてしまっては元も子も無いですしね。
ゲーム制作でも"えたーなる"なんて言葉もありますしw
向上心を忘れないようにしつつ、自分のペースでやって行くようにします!

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致しますね。
百合ゲ好き管理人 |  2014.05.10(土) 18:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/4231-7acf477a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |