FC2ブログ
2020年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.02.11 (Tue)

百合ゲー情報を頂きました!その95(「星空のコミックガーデン」情報)

今回は訪問者様からオススメ頂いた作品をご紹介。
(訪問者様、情報ありがとうございます!)

・・・うまく手が回らなくて情報を頂いてから、かなり時間が経過してしまいましたが(汗)
申し訳ない・・・。

と、愚痴っても仕方ないですね。
では早速ご紹介をば!

公式サイト
星空のコミックガーデン

所謂、乙女ゲーで男装の麗人"鈴岡 蓮"を攻略できるようですね。
カプ的にはお嬢様系と男装女子のカプとなり、この組み合わせが好みな方に取ってはかなりオススメとのこと。

ただ、"鈴岡 蓮"の攻略は2周目以降になる事や基本的な攻略対象は男性キャラと言う事を考えると、百合要素の"質"はともかく"量"は厳しい感はあります。
まぁジャンルとしては乙女ゲーなので当たり前と言えば当たり前ですが、その点は中々厳しい所がありますね。

以前からちょくちょく話題に挙げていますが、やはり乙女ゲーは百合"も"楽しめそうな作品があるんですよね~。
今回の情報を教えて頂いた時に、少し乙女ゲー関連の情報を調べたら「月華繚乱ROMANCE」と言う作品も女性キャラを攻略できそうな感じでしたし。

そう考えると中々侮れないジャンルではあるのですが、先述した通り-以前の記事でも言及しましたが-量的に厳しいんですよね。
作品にもよりますが、女性キャラが攻略対象になるのは基本的に一人ですし。

百合前提作品や女の子オンリー作品ですら積んでいる管理人の状況ではそういった作品までプレイする余裕がありません(T.T)
サイトの主旨を考えるとプレイするべきなんデスケドネ・・・。

と、またちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたね、すみません。
ここで、ちょっと話題を変えて「無彩ノ贄」と言う作品について少し。

訪問者様から今回の情報を頂いた後に知った作品で一度話題にしましたが、この作品、現在公開されている情報を見る限り"百合がメインの乙女ゲー"といった感じの作品のようで、従来の乙女ゲーとはゲーム内容の比率が逆なようなんですよね。
※当サイトの関連記事
百合ゲーかも? 「無彩ノ贄~忘却と追憶の契呪~ ふゆさい」

今回教えて頂いた「星空のコミックガーデン」や「月華繚乱ROMANCE」が量的な面で百合ゲーとしてプレイし辛い面がある事を考えると「無彩ノ贄」は比較的プレイしやすい乙女ゲーになりそう気がします。

これも以前に書きましたが、乙女ゲーは男性向け作品とはまた違った魅力があり、それが百合要素に多く活かされるのなら百合ジャンルに更なる幅が生まれるかと思います。
乙女ゲーの百合要素に関する動向も注視していくべきかも知れませんね。


限定版/通常版



※情報を下さって、本当にありがとうございました!
当サイトの次の記事
百合ゲー情報を頂きました!その96(「リリウム×トライアングル」)

当サイトの以前の記事
百合ゲー情報を頂きました!その94(「あやめもしらず」情報)

百合ゲー情報を頂きました!その93(「リボンを切らないで」情報)

百合ゲー情報を頂きました!その92(「Dahlia-ダーリア-」情報)

百合ゲー情報を頂きました!その91(「リリィナイト・サーガ 体験版」プレイ感想情報)

百合ゲー情報を頂きました!その90(「新お嬢様物語2」プレイ感想情報)
このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


00:30  |  頂き物(情報など)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/3945-1fb15490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |