FC2ブログ
2020年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.10.13 (Sun)

フリー百合ゲーム紹介 「帽子世界」

要約
今回ご紹介するのは「帽子世界」。
RPG探検隊のえぬ様が長年かけて製作された作品で様々な工夫が凝らされており、サガシリーズの新作と言っても通ってしまうのでは無いかと思える程のクオリティがあります。
(本作のシステムはサガシリーズの影響を強く受けています)

特に戦闘方面のシステムや演出の充実ぶりは凄まじく、自由なキャラ育成が可能な事も相まって戦闘好きな方はかなりハマるでしょう。

サガシリーズでもお馴染みでしたが、選択した主人公による性能差(帽子による特権)や攻略難易度が強く出るのも特徴で、選んだ主人公によって序盤の進め方が異なるのも面白いですね。

管理人はシキでスタートしたため、帽子特権による性能は"シキは時魔法習得済み&他キャラも習得可能"と"敵味方の攻撃順が正確に分かる"でしたが、他の主人公なら別の帽子特権を持っているため、また違った戦闘、攻略をする事になったでしょう。
(ストーリーの関係上、最終的に全ての帽子特権を得る事は出来ますが)

またストーリー、イベント的な要素も充実しており、様々なサブイベント-例えばクイズ大会や武道会に参加できたり隠しボス的なキャラと戦えたり-があったり、連れている仲間によってセリフが多少ながら変化するなど本筋のストーリー以外の所でも楽しめます。

と、かなり充実している本作ですが、難点が一つ。
それはゲームスタート直後にシステム的な説明が何も無しにいきなりダンジョン攻略する事になること!

正直、これは参りました。
システムが凝っている分、理解する必要がある要素も多く、こういった要素を活用せずにダンジョンを攻略するのは難しいです。
特にボス戦はかなり苦労しました。

この点はいくらゲームオーバーが無いとは言え、不親切だと感じましたね。
この第一のダンジョンをクリアすれば色々な解説を受ける事が出来るようになるのですが、この解説を最初から見れるようにしておいて欲しかったです。

次に肝心要の百合要素ですが・・・少々大人しめな印象。
管理人は主人公はシキでプレイ&クリアしたのですが、パートナーキャラであるツバメとの会話や終盤のヨウコとのやり取りなどに百合要素を感じるものの、内容的には友情寄りな百合と感じました。
・・・メリッサに「ツバメとヨウコ、どっちが好みなの?」などとつつかれたりはしましたがw

まとめるとRPGとして非常に面白い、戦闘好きな方に取っては特に面白い作品だと思います。
先述した通り百合的にはやや弱い印象でしたが、基本的に女性だけでストーリーが進む事やストーリー後半がシリアスな展開をする事もあって百合的に楽しめない、と言う事は無いでしょう。
フリーソフトと言う事もあり、非常にオススメな作品です。


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●サガシリーズが好きな方
●RPGは戦闘が重要!と思う方

百合的な見どころ
●パートナーキャラやヨウコとの関係
●他の帽子管理人との関係

ゲーム的な見どころ
●凝った戦闘システムと演出
●自由なキャラ育成が可能
●豊富なサブイベント

注意した方が良いかも?な点
●たまに強制終了する
 (クイックセーブ導入により危険度は大幅に低下しましたが)
●スタート直後にゲームシステムの説明無しにダンジョン攻略を強いられる
●ストーリー後半がやや暗い
●コンボが重要なため、コンボに組み込めない攻撃が役立たずになり勝ち


対応機種 :Windows
ジャンル :RPG
プレイ人数 : 1人

公式サイト
帽子世界

製作者様 公式サイト
ガールズパーティバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

【続きを読む】

「続きを読む」です~。
本文ではネタバレ回避や百合要素に関する言及を重視したので、ここではそれ以外の事に関して語ろうかと。
ではお暇な方はお付き合い下さいませ~。
































はい、本文でも何回も言及しましたが、本作は戦闘が本当に楽しかったですね~。
キャラクターが所狭しと暴れ回る、カットインがあるなどの演出はもちろんですがシステムの凝り具合が素晴らしい!

ジェム(スキル)、装備の組み合わせが多彩かつ自由なため、どうすれば効率的かつ強くなるかなどを考えるのが楽しいんですよね。
カウンターと組み合わせて6Hitコンボを出す(基本的なコンボは最大5Hitまで)とか、リンゴドライブ(時間停止魔法)による1人で10Hitコンボとか、オーバーソウルゲージ増加系スキルで回復要らずを狙う、ブロッキングで物理ダメージはノーダメージを狙うとか。

他にも考え方や時間と手間のかけ方次第で色んなキャラ、戦法が楽しめるでしょう。
ストーリーこそ、どの主人公も大筋は一緒とのことですが、この多彩なキャラ育成や戦闘によってそれこそプレイヤーそれぞれに物語があるといった趣を出しているように思います。

では最後に管理人のパーティメンバーに関する感想と戦法、印象深かったボスやキャラについて語ろうかと。

・シキ
主人公の一人で帽子世界管理人の中でもトップテンと呼ばれるメンバーの1人。
帽子特権は本文でも書いた通り"シキは時魔法習得済み&他キャラも習得可能"、"敵味方の攻撃順が正確に分かる"。

管理人は意識しませんでしたが、巷では初心者向け(最強)キャラ筆頭候補だとか。
管理人の選択理由は単に時魔法に惹かれたからと時間列車ってカッコイイよね!だったのですが(笑)、時魔法が使い方によって非常に強力&他の主人公だと習得に時間がかかる事、そしてコンボ攻撃には"敵味方の攻撃順が正確に分かる"事が最重要であるため最強キャラと目されているようです。

確かに最初から持っている能力だったため意識しませんでしたけど、攻撃順が正確に分かるのってかなりのアドバンテージなんですよねぇ。
ちなみに最弱主人公(と言うか能力)は文句無しにラヴィですね。

戦闘後にノーコストで回復って、この世界では回復に掛かるコストが激安なので全然有難く無い・・・(T.T)
戦闘中で特別な回復手段を持つなら、最弱のそしりも免れたでしょうが現状では・・・。

と話が逸れました。
純粋にキャラとしては比較的常識人だけど頑固な所がある、といった印象でしょうか。
どっちかと言うとツッコミ役でしたしw

そんな彼女なので、あのラストはある意味で納得でした。
まぁ他の主人公でもストーリーの大筋は一緒との事なので、あのラストを迎えるのでしょうが・・・クリアしたキャラクターなので、シキが一番あのラストを迎えるのがしっくり来る印象です。

ちなみに戦闘キャラとしてはソードアーツ、時魔法、カウンター、被ダメージ時オーバーソウル(OS)ゲージ増加量アップを装備、攻撃の主力でした。
特にカウンターと被ダメージ時OS増加量アップのお陰でゲージが溜まりやすく、意外にしぶといキャラになってくれましたw


・ヨウコ
どの主人公でもスタートしても最初に仲間になるキャラ。
ある意味で第二のパートナーキャラとも言えるキャラであり、ストーリーを進めると第二の主人公とも言えるキャラですね。

百合的にもストーリーの主人公(管理人の場合はシキ)を止める役回りもあり、友情百合としてはかなり重要なキャラでもあります。
・・・シキ以外のルートだとツバメにぞっこんらしいですがw
時間があったら、この辺りも比較したいところです。

戦闘キャラとしては初期装備"金属バット"そのままに(笑)メイスアーツを装備、回復役として光魔法を装備しつつブロッキングとセイブブロッキングを装備と、どちらかと言えば補助的な役回りをこなして貰いました。

相手をドツキ回しつつ、華麗に味方への攻撃をブロックするヨウコさんは輝いていましたねw
まぁどうにも足が遅くてコンボの足並みが揃わない事が多々あったのはご愛嬌でしたがw


・ツバメ
シキのパートナー。
(パートナーと言う役回りですが、他の主人公でプレイしても仲間になりますけどね)

パートナーと言うだけあってシキを心配する言動が多く、百合的に悪く無いキャラでした。
暴走するタイプのキャラも多かった中、内向的な性格ゆえか常識人といった感じでしたし。

何より巫女っぽい服がまた萌えますよw

完全に管理人の趣味嗜好です。

戦闘キャラとしては弓アーツに風魔法、スペルカウンター、スペルジャミングと魔法系の補助的役回りを・・・と思ったのですが、思ったよりは機能しなかったですね、残念ながら。

一つには意外に攻撃魔法を使ってくる敵が少なかったのでスペルカウンターが役立たず気味だったのが原因かな、と。
あと妙に打たれ弱く育ってしまったのでr(^^;)
まぁその代わり足が速かったので雑魚敵は風の全体攻撃魔法テンペストで一掃してくれましたけどね。


・時計少女
隠しボス。
由来は相当に悲惨で彼女に関する詳しいイベントがあったら、かなり鬱な展開になったんじゃなかろうかと。

見た目や由来はともかく、ボスとしては普通に強いというくらいで手こずるほどでは無かったのですが・・・一つ強烈な体験をさせられまして・・・。

それはリンゴ返し!!

このボス、マナが少なくなると最大まで補充してくれるのでそこで待ってましたとばかりにリンゴドライブ!をかましたら、これですよ!!(笑)
はい、ネーミングの通りリンゴドライブをし返された訳で、何回と繰り返される苛烈な攻撃を一方的に貰って全滅しましたw

これはもう呆気に取られましたねw
まぁ"時計少女"と言う名前が名前ですからから、こういった技があるのは当然と言えば当然なんですが・・・何だか1本取られたな~と感じたボスでした。


・魔トリョーシカ
隠しボス。
"時計少女"が見た目や由来、リンゴ返しでのインパクトで印象に残っているのに対して、このボスは純然にボスとして印象に残っています。

とは言え、彼女(?)も強いと言う印象よりは
疲れた!いつ終わるの、もう!!
と言う印象なのですがw

察しの良い方はネーミングからピンと来られたかも知れませんが、モチーフはロシアのマトリョーシカ人形なんですね。
で、モチーフまんまの事を彼女はしてくれやがります。

そう、倒す度に中から小さい彼女が表れるのです!!
しかも中身の個体はHPこそ落ちるものの、攻撃回数が増えるため攻撃は苛烈になります。

で、その変身と言うか中身出現の回数が非常に多い!
一番ラストの個体とか数ドットくらいまで小さくなりますし!w

管理人は時魔法"タイムーマーカー"(マーキングしたターンまで戦闘を巻き戻す)を使いながらじっくり戦いましたが、お陰で相当疲れさせられました~。

先述した通り、後半になるほど攻撃が苛烈になりますし信じられないほど小さくなる(変身する)ため
「まだ終わらんのか!ソウル(MP)が足りなくなるよ!!」
と叫びながら戦ってましたw
たまに事故って戦線が崩壊、泣く泣くタイムマーカーで戦闘を巻き戻すなんて事も3~4回くらい有りましたし。

と、こんな事を書いていますが戦っていて面白いボスではありましたね。
何でもそうですが、勝てそうで中々勝てないと言うのが一番面白いですから。


・ジャコウ
プロバイダーの管理人。
ラストまでプレイして見ると、良くも悪くも研究者だった人ですね。

彼女の言動や立場は中々難しい所であり、その分面白いキャラクターでもあったと思います。
ゲームの主人公としては立場上難しいと思いますが、他の媒体・・・小説などで彼女が主人公の物語は見てみたいな~と思いますね。

ちなみに彼女のコスチューム及び管理世界(暴力の世界)は彼女本人の資質だったんでしょうか。
意外に彼女のプライベートな部分は出て来なかったように思うので、興味を引かれる所です。


・ビッグママ
色々と黒幕だった人。
慈母といった印象がある一方で2週目ED(同じセーブデータでも良いのでもう一回クリアすると見れる)では、どうもきな臭い所もある・・・?と言う感じで、どうにも謎が残る人です。

あと正直、設定が難解でよく分からなかった人でもありますね!

安定のおバカさん振りですね。

う~~ん、SF設定は中々理解が追い付きませぬ・・・OTL
まぁ冗談はともかく、ラストが少々悲劇的だった事や彼女の真意が明確に明かされなかった事もあり、続編を強く希望したいところです。



以上でしょうか~。
非常に面白い作品でしたので語る部分はまだあるのですが(紅茶ばかやサブの管理人キャラなど)、どんどん取り留めが無くなっていくので、この辺りで。

しかし・・・ビッグママの項でも書きましたが、少々ラストが悲劇的だったのもあり、続編を希望してしまいますね。
もちろん、悲劇的なラストが悪い訳ではありませんし主人公は本懐を遂げた訳ですから、あのEDを一概に"悲劇"とは言えませんが・・・。

何にせよ、これは製作者様であるえぬ様次第でしょうね。
もし同じ規模の続編を製作するとなったら、また数年の歳月が必要になるでしょうし。
まぁこれだけのクォリティの作品がまたプレイ出来るなら、いつまでも待ちますけどね!w

セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


21:56  |  フリー RPG  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●私もやりましたー

初回プレイ、私もシキでしたねー
ちなみにプレーヤー側でリンゴ返しが使える主人公でもあります
シキの特権でダメージ限界突破してるおかげでラスボスもワンキルです

どのキャラ選んでもシナリオは大差無いことが難点といえば難点ですかね、面白いですけど
pegu |  2013.10.14(月) 09:12 | URL |  【編集】

●pegu様へ

コメントありがとうございます!
またお越し頂けて嬉しいです!

他の主人公も二刀流などの魅力的な要素がありますけど、やっぱり時魔法の魅力は抗い難いものがありますよね。
時間列車もカッコイイですし。

リンゴ返しは時計少女と再戦した際やラスボス戦で炸裂しましたね~。
あの時は流石主人公!って感じでシキさん、輝いていましたw

ワンキル!凄いですね!
管理人は限界ダメージは出した事無いです。
マスタリーや武器レベルをそれほど上げていなかったのが原因かな。

確かに欲を言えば、ルート分岐は欲しかったですね。
まぁ現時点の仕様でも製作者のえぬ様は相当に大変だったみたいですが。
(公式サイトで、大変過ぎてもうフリーシナリオはやらない!と冗談交じりにおっしゃっておられました)

コメントありがとうございました!
またお暇な時にでもお越し下さいませ。
それでは失礼致します。
百合ゲ好き管理人 |  2013.10.14(月) 21:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/3512-006faa5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |