FC2ブログ
2017年03月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.09 (Sat)

「魔法少女育成計画(Web番外編)」を読みました!

さて、ようやくrestart前後編を入手し絶賛お楽しみ中ですが、そちらの記事を書く前にこの番外編について語ろうかと。
(番外編について教えて下さった訪問者様、本当にありがとうございます!)

いずれの作品も本編で出番が少なかったキャラばかりで、意外な一面を知れて非常に面白かったです。
では、個々の作品について語っていきましょうか。

第1弾『ねむりんの冒険』
restartを含めて考えても、やはり死亡時期の早さ&描写の少なさはピカイチなねむりんの番外編です。
今回の番外編でようやく彼女の人となりが分かり、その点は非常に面白かったです。

本編の感想でも書きましたが、非常に穏やかな性格で他の魔法少女ともそれなりに交流があり、「魔法少女育成計画」が平和な作品だったら色々と出番があったでしょう。

それにヴェス・ウィンタープリズンは夢の中でもシスターナナとイチャイチャしているのが分かったりと百合的に美味しいシーンにも遭遇するようですしw

そして・・・ラストに意外な事実が判明。
思わず
「引き鉄引いたの、アンタやったんかー!( ̄■ ̄;;」
と叫んでしまいましたヨ。
悪意が無かったとは言え、あのような惨事を引き起こす事になるとは・・・因果なものです。


第2弾『ロボットと修道女』 
ねむりんの次に描写の少ないキャラ、マジカロイド44の番外編です。
まぁ本作で明かされた彼女の言動は世間一般で言えば褒められた物ではありませんし、やる事もやはり微妙に姑息で好かれるキャラでは無いと思います。

ただ、ここまで徹底して"やりたくない事はやらない"というポリシーを守るのは逆に感心しますねw
やっぱり世の中、中々ノーと言えませんからねぇ。

そしてタイトルにもある通り、シスターナナも登場する訳ですが・・・相変わらずの純真さと言うかボケっぷりでマジカロイド44の詐欺に引っ掛かっています。
(最終的に詐欺にはなりませんでしたが)

とまぁ、ラ・ピュセルなども登場しつつもコメディチックに終わるかと思った本作ですが、ラストでマジカロイド44がシスターナナの本性に気付くシーンがあり、それまでの流れと相まって非常に印象的でした。
本作以外の番外編にも言える事ですが、本編とのリンクにニヤリとさせられます。


第3弾『天使をプロデュース』
出番自体はそれなりにあったものの、描写に乏しかったたまとピーキーエンジェルズの番外編です。
・・・まぁ本作の主人公はたまで、ここでもピーキーエンジェルズの描写は少なめなのですがw
(出番は多いですけどね)

本作の見所はたまの人間関係がどう構築されたかが分かる所でしょうか。
特にルーラに好意を持つ理由が分かるシーンは見方によっては百合的にも美味しいですね。

しかし・・・本作を読むと本編でたまが(思考力、判断力に欠ける事を差し引いても)能動的な動きが取れなかったのがよく分かります。

特にルーラ殺害に関してはルーラとスイムスイム&ピーキーエンジェルズ、双方に好意(友情)を感じていた訳で、彼女の性格を考えると何かしらの解決策を思いついて実行するというのは難しいでしょう。

ただ明確な反意、殺意を持っていた訳ではなく、誰に対しても裏切るなどという事をしない彼女が本編のような最期を迎えてしまったのは悲劇的で、本作によりその印象が更に強まりました。
ルーラのリーダー論に無理があったのか、スイムスイムが純粋過ぎたのか・・・また考えてしまうストーリーでした。


第4弾『ゾンビウェスタン』
コミカライズ記念で追加された番外編第4弾。
そのためか、今までの番外編に登場したキャラに比べれば出番や描写が多かったハードゴア・アリスとカラミティ・メアリが中心となっています。

二人とも本編でそれなりの描写があったので、本作では二人の戦闘が内容のほとんどですね。
まぁ、お陰でネクロニカに負けず劣らずのグロさになっていますがr(^^;)

と言うか、ハードゴア・アリスの魔法「怪我がすぐ治る」なんてレベルじゃないですよ、これ!
いや、確かに本編でも首が落とされても平気な描写があったのですから分かりきっていた事ではあるのですが・・・。
流石にミンチ状態から復活するとは・・・。

首を落とされたり、身体をミンチにされたりって"怪我"の範疇に入るのでしょうか・・・。
ネクロニカを例に出しましたが、確実にドールよりしぶといですねw
(毒や窒息などにも有効な魔法かは分かりませんが・・・ドラム缶詰め状態から生還した事を考えると、呼吸器系へのダメージも怪我扱いになるんでしょうね、多分)

とまぁ、こう書くとグロいだけみたいですが、百合的にちょっと美味しい描写も。
それはハードゴア・アリスが「殺人の罪悪感よりもスノーホワイトを守れた達成感を感じていた」こと。

本編「魔法少女育成計画」の百合要素には根底にほの昏い感情が潜んでいる事が多く、管理人はそれが非常に好みなのですが、本作にもその要素がありとても美味しかったです(笑)


以上でしょうか。
どの番外編も非常に面白く楽しく読めました。
改めて教えて下さった訪問者様に感謝です。

しかし・・・やはり改めて思うのは「魔法少女育成計画」は一冊ではボリューム不足だったということ。
「ゾンビウェスタン」は戦闘描写が中心だったので別にするとしても、それ以外は本編に入るべきエピソードだったと思うのですよ。

使えるページ数など色々な事情があったのでしょうし、こうして広く簡単に読める形式で発表されている訳ですから云々言うべきでは無いとは思いますが・・・これらのエピソードが落とし込まれていれば更に本編の完成度が上がっていたのでは?と思うと残念な気持ちがどうしても出てきてしまいますね。


当サイトの関連記事
「魔法少女育成計画」を読みました!

公式ブログ小説掲載ページ
第1弾『ねむりんの冒険』
第2弾『ロボットと修道女』 
第3弾『天使をプロデュース』
第4弾『ゾンビウェスタン』

公式サイト
このライトノベルがすごい!文庫 » このライトノベルがすごい!文庫



restart 前編/後編


短編集


このエントリーをはてなブックマークに追加
セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:57  |  他事 小説(作品紹介)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/2644-55068471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |