FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012.09.15 (Sat)

同人(シェア)百合ゲーム紹介「蟲ノ目【第一章】」

要約
さて、第一章クリアしました~。
では、まず一言。

思った以上に長ぇぇぇ!((= ̄□ ̄=;))

いや、ですね、この作品は四部構成なので後の章ほど長くなると(勝手に)思っていた上に、第一章は体験版としてDL出来るので、そんなに長いストーリーでは無いと思い込んでいたんですね。

そしたら、まぁボリュームのあること!
しかも面白いから性質が悪い(笑)

本腰を据えてプレイしなければならない作品だったのに時間が無い中・・・要は寝る前にプレイしだしたので、睡眠時間が思いっきり削られました(笑)
まぁ、面白いストーリーを長く楽しめると言うのは良い事なんですが・・・目測を誤りましたねw

と、前置きが長くなりました。
本題に入りましょうか。

まず結論は言ってしまったような物ですが、非常に面白かったです。
ボリューム、ストーリーともに重さがありますが、続きが常に気になるようになっており、だれずに楽しめるだけの面白さがあります。

また戦闘シーンなどはCGや演出が効果的に使われていて、非常に臨場感がありました。
個人的には六斉堂VS七々原のシーンやにぃちゃんのマルチモニターの表現とかがお気に入りです。

あと、最終的なストーリーのキリが良かったのも高ポイント。
続きが気になる終わりではあるものの、大きな区切りが付いているので読後感が爽やかと言うか。
うまく言えませんが、続きの"気にならせ方"が嫌味じゃないですね。

さて、次は肝心要の百合要素。
この第一章ではさんちゃ×にぃがメインでしょう。

で、その二人なんですけど、事前に情報を頂いてはいましたが・・・。

イチャイチャぶりが凄いですね!w

正直、さんちゃの事を"親友"と称しているにぃちゃんに対して
「温い事言ってないで、さっさと恋人にしろよ!往生際が悪いな!」
とか思うレベルですw

え?管理人の百合フィルターが厚過ぎるだけ?
いや、まぁそれは否定しませんが(笑)作中で
「こんなにも愛しているのに」
とか言っているんですよ、にぃちゃん。
だったら・・・ねぇ?w

お次はゲーム面について。
"ゲーム性"と言う点では、基本的に読み進めるだけなので高いとは言えないです。
また、ギャラリーなどは無いので、その点でも充実しているとは言えないですね。
まぁ、ストーリーを楽しむ上では何ら問題無い訳なので、結局はストーリーを楽しめるか否かが評価に直結する作品と言えます。

最後に気になった点や注意点と成り得る点について。
まずは戦闘シーンがある関係もあって、グロさを感じるシーンがあります。

CGなどによる直接的な表現は少ないものの、マミる首を食い千切られるとか目玉が眼窩から抜け落ちるシーンとかはキツいかも・・・と思います。
こういったシーンを想像するだけでダメ、と言う方は要注意かも知れません。

また細かい点ではありますが、たまに文章が"二條久保"の視点で語られているのか"ナレーション"の視点から語られているのか分かり辛い所がありました。

理由としては、二條久保ことにぃちゃんは基本的に他人をさん付けか愛称で呼ぶのですが、それが文章中・・・にぃちゃんの視点での状況説明中に呼び捨てになったりするからだと思います。

ストーリーや状況を把握する上では問題は無かったものの、たまに違和感を感じましたね。

あと、にぃちゃんのさんちゃへの信頼の源が分かり辛く感じました。
例えば、公式や販売サイトの説明にもある通り、にぃこと二條久保はさんちゃこと三荊に連れて来られた刑部村で、いきなり蟲毒と言う殺し合いに強制参加させられる訳です。

一般的な感覚だと、こんな事に巻き込まれたら二條久保の立場としては三荊に対して不信感や不快感を持つものですが、にぃちゃんはあっけらかんとそれを受け入れます。

その様は同席していた九(いちじく)も
「普段、どれほどさんさまに振り回されているかが垣間見えます・・・」
と驚くほど。

また壮絶な能力を誇る蟲憑き達の中でも特に高い能力を振るい、時に酷薄さすら感じさせて戦う三荊を見てもにぃちゃんは彼女をさんちゃと呼んで信頼し愛し続けます。

正直なところ、ここまでの信頼をにぃちゃんがさんちゃへ持つ源泉がどこにあるかが(少なくとも第一章では)分かり辛いのです。
純粋に一般人として過ごしていた人間が、親友と思っていたとは言え指一本すら使わずに人(自分)を殺せる人間・・・しかもその人間は時に殺人を単純な"手段"として行使する事も辞さない・・・を簡単に信頼し続けられるでしょうか。

ほぼ無力と言って良い二條久保が生き残るには三荊の庇護下に居るしか無い訳なので、にぃちゃんに残された道はさんちゃを信じる事しか無いのですが・・・。
まぁ管理人の読解力はかなり怪しいので(汗)うまく理解できていないだけかも知れませんし、後の章で詳しく語られるかも知れません。

連作と言う性格上、明かされていない謎も多く、最終的な判断は下し辛い所がありますが非常に楽しめました。
百合的にもにぃ達の公社勢以外にも期待できそうなキャラもおり、二章以降もストーリー、百合ともに大いに楽しめそうです。

先述した通り、この第一章は体験版として無料DL出来ますし、続きが気になる終わり方ながらストーリーが一区切り付いているので、とりあえずと言う気持ちでプレイされてみると良いかと。
・・・ツボにハマると抜け出し辛い所があるので、就寝直前のプレイはオススメしませんが(笑)


製作サークル様公式サイト
ヨツツジエコー

当サイトの次の記事
同人(シェア)百合ゲーム紹介「蟲ノ目【第二章】」

当サイトの関連記事
百合ゲーム情報を頂きました!その29

百合ゲーム情報を頂きました!その31

DL販売ページ 蟲ノ目【第一章・第二章】/蟲ノ目【第三章】



対応機種 :Windows
ジャンル : AVG
プレイ人数 : 1人


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●異能力バトルが好きな方
●今後の展開を予想するのが好きな方

百合的な見どころ
●さんちゃとにぃのイチャイチャ(笑)

ゲーム的な見どころ
●場面場面に合ったCG表現とBGM
●ゲーム終了後もバックログが残っているところ

注意した方が良いかも?な点
●CGでの直接的な表現は少ないものの、グロいシーンがある
●選択肢(分岐)などは無し
●CGギャラリーなどは無し


このエントリーをはてなブックマークに追加

【続きを読む】

さて、「続きを読む」です。
こちらはネタバレな事を書いていくつもりなので、その点はご注意を~。
では~。




















ではまず最初はストーリー的な面を少し語りましょうか。
本文では少し辛口な事を書きましたけど、やはりにぃちゃんのさんちゃへの想いは百合好きにとっては良いですね~。

特にラストのさんちゃへの想いで立ち直るシーンとか。
「視せてみろ!」
のセリフはにぃちゃんの能力覚醒と相まって印象的でした。

まぁ、第二章では覚醒モードは解除されている訳ですがr(^^;)
でも、これは仕方ないですね~ある意味で最強の能力なんですから。
こんな能力を存分に使われたら、話がさっさと終わってしまいますw

・・・と、話が第二章の方へ行っていますね(汗)
どうもストーリー絡みの話はし辛いので、キャラ語りにしましょうか(笑)

・一舎
能力の全容が今ひとつ分からなかったり、蟲毒の発端になったりと謎の多いキャラでしたね。
まぁ一番驚いたのは最終的にナイスバディなお姉さんになった事ですが!(そこかよ!!)

第二章では一舎について多くが語られているので、第二章の記事では書く事も多くなるかと。

・二條久保
どっちも名字に見えてしまう我らが主人公。
そして、さんちゃとイチャイチャしまくっているのに恋人とは言わない、百合的には煮え切らない娘(笑)
まぁ、主人公と言うのは得てしてそう言うものですがw

能力覚醒については作中で"視る"、"観測"などの表現が頻出していたので「シュレディンガーの猫」のような解釈で来る?とは思っていましたが・・・かなり近い能力でしたね。

本当にラストで能力覚醒するので、途中で
「正味、見る事しか出来ないんじゃ・・・」
と思いましたがw

あと印象的だったのは五百雀とのエピソード。
さんちゃへの愛は揺らがなかったものの、五百雀に見つめられて
「美少女の視線には弱いのだ・・・」
とか(笑)
第二章冒頭の紹介で"色欲"が割り振られていたけど、これじゃあねぇ・・・と妙に納得出来てしまいましたw

・三荊
百合的にもストーリー的にもにぃちゃんにとっての最重要人物・・・なのですが、色々と不可解な事も多く"プレイヤー"としては全面的に信頼できないキャラです(汗)

"想定の天才"と称されるほどの彼女が一目惚れと言う理由だけでにぃちゃんを傍に置くのだろうか・・・そんな疑念が常に付き纏います。
第一章を見る限り、にぃちゃんへの愛情や信頼は本物である事は確実だとは思うのですが・・・。
この辺りはちょっと予想をしていますので、そこは第二章の記事で書こうかなと思います。

・四月一日
恐らく最も読み辛い名前のキャラ。エイプリルフールじゃないよ!
(ちなみにこの読みの由来は、この日になったら服の綿(わた)を抜いていたから。だから"わたぬき")

そしてグロ度を一人でガンガン上昇させているキャラでもありますw
「蟲ノ目」のグロさの半分は彼女なんじゃなかろうか。

第一章ではにぃちゃんに取ってはひたすら脅威でしか無かったため、その心情や事情は謎のままでした。
円卓陣営とは違い、完全に敵対していると言える彼女の心情をどう"視ていくのか"・・・非常に楽しみです。

・五百雀
ビジュアルと言い、能力と言い、順当に考えれば彼女が主人公だったでしょうに・・・どこで間違えたのでしょう(笑)
そう考えると立ち位置としては神無月のソウマポジションなのかも知れませんw

しかし真面目な話、「蟲ノ目」シリーズの続編やスピンオフが製作されるとしたら確実に彼女がメインになりそうな気がします。
何せ
・生真面目で優しい性格
・能力は強力だが発展途上
・一般人として学校に通っている
とお話の展開がしやすい要素がてんこ盛り。

作中でのにぃちゃんとのやり取りを見ている限り、面倒見も良さそうだし学校編のようなストーリーが公開されたら百合的にも期待できそう。
学校でどんな人間関係を築いているかは明言されませんでしたけど、女の子に人気がありそうなタイプですしw

・六斉堂
蟲毒参加者の中でにぃちゃんに取っては最大の脅威であるキャラ。
果たして、彼女はその言動通りの冷徹さだけの人物なのかどうか・・・四月一日同様、今後の展開が楽しみなキャラです。
・・・と、ここで終わるのは味気無いので、もう少し話を。

彼女は色々と印象的でしたが、やはり一番はその能力でしょうか。
何せ、体を構成しているのは揺蚊!
蚊!要は極小の羽蟲ですよ!

ある意味、一番グロいのは彼女かも知れない・・・。
いや、だって想像して下さいよ。

人だと思って良く見たら、そこにはびっしりと蟲が・・・ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
あ、自分で言ってて気分が悪くなってきた(--;)
ちなみにそんな体だったら殺虫剤に弱いんじゃ・・・とか思ったのは内緒ですw

・七々原
恐らく一番胸と心が大きいキャラ。
そして第三章の紹介を見る限り、バ・・・うわ、何をする!やめ(ry

・・・真面目な話、彼女は途中で退場してしまい行方知れずになってしまうので、謎が多いです。
(行方知れずになってしまった理由は容易に想像が付くものの、最終的にどうなかったかは・・・)

とは言え、序盤での印象は強かったですね。
一人で協会陣営に一歩も引かない戦いを見せたところはカッコ良かったです。
まぁ、そのシーンは優しさに付け込まれて不覚を取ってしまう訳ですが。

しかし・・・序盤に居なくなってしまう点と言い、努力で基本スペックの弱さを補っている設定なども相まってRPGなどの師匠キャラみたいな人ですよね。
やっぱり、バ・・・うわ、何をする!やめ(ry

・八木沢
第一章では名前だけなので何とも。
第二章では出番がありますので、そこで語ろうかと思います。

・九
おでこ可愛いよおでこ(*´Д`)

・・・失礼しました。
出番が少ないものの、あどけないビジュアルのせいか妙に可愛く感じるキャラです。

新参のにぃちゃんに対しても
「私は、この世に生を受けた時から、さんさまとにぃさまのサポート役、との重役を賜っておりまして!」
と熱烈な愛の告白歓迎ぶりを披露してくれたのも関係しているかも。

言葉通りさんちゃとにぃちゃんを強力に支援してくれていた彼女ですが、彼女も途中で消息不明に。
身を隠しての行動が基本だったせいで、本当に突然に居なくなって戸惑った方も多いかと。

・・・お陰で味方なのに、姿を見る割合はダントツに低いと言うr(^^;)
数えた訳じゃないけど"姿を見る"割合は八木沢の次に低いんじゃないかとw

言動と言い、サポートに徹する姿勢と言い、さんちゃの次ににぃちゃんに取って頼れる味方と言える九。
・・・が、第二章冒頭の紹介で彼女に割り振られている罪は"嫉妬"

さんちゃとの付き合いの長さではダントツであり、構図としてはにぃちゃんが割り込んできた形になるだけにこの割り振りは不穏以外の何物でも無いです。

まぁ、百合的には美味しいんですが!(爆)

百合三角関係・・・ハァハァ(*´Д`)

(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'ぶふぅ

度々スミマセン・・・。
実際、この"割り振り"がどの程度ストーリーに関わるかは分からないので、ただの憶測なんですけどね。
ただまぁ、百合三角関係云々を差し引いても、ちょっと出番に乏しい感はあったので今後の出番に期待したいとは思います。


以上でしょうか~。
ストーリー同様、キャラについても謎が多いので何とも言えない部分も多いですね。

まぁ、そこが連作の楽しさでもあるのですが。
本文でも書いたように時間を忘れる面白さがあるので、百合的な面も含め第二章以降もプレイしていこうと思います。


セール情報
美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

20%OFFキャンペーン - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/15 12時まで
【同人ゲーム】50%OFFキャンペーン!! - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18

9/5 10時まで
フライングシャイン らぱぷる&Axis 夏のDLセール - アダルト美少女ゲーム - DMM.R18


23:31  |  同人(シェア) AVG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yurige.blog107.fc2.com/tb.php/2211-64a4c9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |