FC2ブログ
2012年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012.11.05 (Mon)

小説「悪ノ娘シリーズ」感想

さて、百合要素を含む小説として「緑のヴィーゲンリート」を紹介してから、かなり経っちゃいましたねr(^^;)

遅まきながらも良いトコですけど「悪ノ叙事詩」までを読了したので、悪ノ娘シリーズのまとめみたいな感想を少し語ろうかと思いまして。

では、まず百合要素に関してから。
感想が遅くなった理由の一つでもあるのですが、「緑のヴィーゲンリート」以外はほとんど無いですね。

強いて言えばエルルカ&グーミリアくらいですが、エルルカがしばらく行方不明になってしまう関係もあり、妄想で楽しむ以上の要素は無いかと。
「悪ノ叙事詩」の短編漫画は妄想燃料として凄く萌えましたがw

それでは、お話としてはどうでしょうか。
これは相変わらず面白かったですね。
意外な過去や人間関係に驚かされる事が多く、非常に楽しめます。

ただ「緑のヴィーゲンリート」終了後・・・「赤のプラエルディウム」以降はちょっと面白さの趣が異なっている感はあります。

と言うのも作中世界ではルシフェニア革命という大きな革命戦争が終わり、世界情勢はもちろん各キャラクターの状況が一変しているため、第二部的な位置付けになっているんですね。

また、この第二部的な物語はそれなりに安定した情勢になった世界を、まだ子供であるユキナが旅し見聞するという物語です。

そのため第一部・・・「黄のクロアテュール」~「緑のヴィーゲンリート」が目まぐるしく情勢が動き、物語が謎をまき散らしながら突き進んでいくのに対し、第二部つまり「赤のプラエルディウム」~「青のプレファッチオ」はその後の世界描写や謎(伏線)の回収の物語となっています。

もちろん、これはこれで面白いのですが・・・比較的早期に事件の黒幕や"大罪の器"と言った重要な存在が浮き上がってくるため、謎を追いかける様な楽しみは少ない印象がありました。

あと個人的に感じた事は、キャラクター達が悪意のある行動や事件を起こす時には決まって"大罪の器"が絡んでくるのですが、それが少々マンネリになってしまったかな、と。

事件の謎というのは、それに関わった人達の動機も重要だと思うのですが、それが大抵の場合"大罪の器"が原因というのはちょっと味気無い気も。
キャラクター達のその後は楽しかったですけどね。

以上でしょうか~。
やはり「緑のヴィーゲンリート」で一区切りついた事もあり、「赤のプラエルディウム」以降は良くも悪くも落ち着いてしまった気がします。

まぁ、これは悪ノシリーズが架空歴史小説である事を考えれば当然の事ではあるんですけども。
三国志だって初期の"黄巾の乱"と後期の"三国鼎立"では物語の趣はもちろん、活躍する人物も様変わりする訳ですから。

悪ノシリーズの世界歴史は、未来の設定は「悪ノ叙事詩」で簡単に掲載されていますし、大罪シリーズとして過去編とも言える「ヴェノマニア公の狂気」も刊行が予定されています。

イラストレーターさんの対談で「この曲が好きと言うとエロい人みたいに思われそう」という発言が凄く印象に残っていますw



一応「悪ノ娘」シリーズ自体は完結との事ですが、公開されている楽曲やこれらの事を考えると悪ノシリーズの世界歴史はまだまだ多くの設定、エピソードが用意されているようで、それは純粋に楽しみですね。
・・・百合的な要素を楽しむのは難しそうですけど(汗)

そう言えば同じ出版社からボーカロイド繋がりで、百合要素がありそうな小説が刊行されていますね。
管理人は未読ですが・・・。

楽曲は既に聞いた事があったので逆に手が出し辛いです・・・。
だって楽曲を聴く限り、どう考えても悲恋になるとしか・・・読んだら落ち込みそうで怖い(汗)


元になった楽曲



ボーカロイドは色んな楽曲があり、百合要素のある楽曲も少なくないので、それらがこうして小説化される可能性はまだまだありますよね。

そういった意味ではボーカロイドの隆盛は百合的にも楽しみです。
管理人はボーカロイドジャンルに馴染みが薄く中々チェックは難しいですが、またこうして面白い小説や良い楽曲に出会えたら良いと思います。

最後に個人的にお気に入りな動画を。
本編が本当に"嬢"だったら、百合度が跳ね上がっていたでしょうねw



公式サイト
悪ノ娘 ノベルシリーズ オフィシャルサイト

当サイトの関連記事
小説「悪ノ娘」を読みました!


切なかったけど「緑のヴィーゲンリート」は大好きです



漫画版は読んだ事が無いです・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加

23:02  |  他事 小説(作品紹介)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |