FC2ブログ
2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.03 (Sun)

PSVita百合ゲーム紹介「咲-Saki-全国編」

要約
さて、今回はご紹介するのは「咲-saki-全国編」です。
シリーズを重ねて3作目となる本作を纏めると
前作「阿智賀編」を順当にパワーアップさせた作品。
相変わらず百合だけを目的にするには厳しい面は有るが、着実に進化しており好感が持てる

でしょうか。

まず百合要素ですが、ショートストーリーの収録数が30本へパワーアップ!
と言ってもNo.26~30まではイラストCG無し&原作をなぞっただけのエピソードなので実質的には25本なのですが・・・それでも前作「阿智賀編」に比べれば大幅に増えています。

基本的には水着回やお風呂回なのですが(笑)、姫子&哩のちょっとしんみりしつつも仲の良さを感じられるエピソード竹井部長にあ~んをする事になってぽーっとする福路キャプテンなど百合度の高いイベントも。

水着回やお風呂回にしても各学校のチームがキャッキャウフフしているエピソードばかりなので、本数の増加に伴って百合度は上がったと言えるでしょう。

とは言え・・・逆に言うと百合要素の大半は"これだけ"なので、百合だけが目的だとボリューム的にやはり厳しい。
「阿智賀編」からは格段に良くなったとは言え、ここは考えどころでしょう。

では翻ってゲーム的な面はと言うと・・・順当にパワーアップしており、非常に好感触。
特に-基礎知識は要勉強なものの-麻雀初心者でも楽しめるようになった点は非常に有難いです。

初心者救済の要素を列挙すると
・チャレンジをクリアしなくてもショートストーリーを楽しめる
・キャラの能力説明が分かり易くなった
・全体的に難易度が下がった
・育成要素

でしょうか。

まずチャレンジをクリアしなくてもショートストーリーを楽しめると言うのは、「咲-saki-」は好きだが麻雀は下手と言う人間にしてみれば非常に有難いですね。
「阿智賀編」で苦労させられた身としては涙が出る想いでした。

難易度は一部の高難易度チャレンジ(通信チャレンジ)を除いて低下した印象。
フリー対局だとヘッポコ雀士な管理人でもそれなりに勝てますし、チャレンジも和了するだけだったりキャラの特徴を活かせば簡単にクリア出来る課題がほとんどでかなり楽。
「阿智賀編」の地獄の八重さん解放チャレンジに比べたら極楽浄土かと思うレベルですよ(笑)

上記に加えて初心者救済に拍車をかけてくれるのが育成要素。
公式サイトでも言及されていますが育成ポイントを各能力に振り分けてキャラを強化する要素で、如実にキャラが強くなります。

特に配牌(最初の牌並びが良くなる)、自模(牌の引きが良くなる)、運(他のパラメータを強化)をカンストするとヘッポコ雀士な管理人もけっこう簡単に和了出来ます。

何せ、たった数時間のプレイで地和が飛び出すレベルですからね(笑)
※地和
いわゆる"役満"で最初から役が出来ている状態(正確には初手の自模で和了すること)だと成立。
つまり操作ミスさえしなければ猫だって和了出来る100%運だけの役

まぁこれは極端にしても、腕に覚えがある人が自模の引きに特徴があるキャラを使えば跳満や倍満の嵐になるんじゃないかと思う(笑)

育成に必要なポイントはチャレンジに失敗しても最低1ポイントは得られるため、プレイが無駄にならないのも助かるところ。
チャレンジをプレイ、失敗

育成

チャレンジを再プレイ

のサイクルを繰り返せば、チャレンジのほとんどは比較的簡単にクリアできると思います。

また育成ポイントの割り振りは何度でも出来ますし、キャラ能力などのイカサマ「咲-saki-」要素のON/OFFも出来るので本格派の方も安心です。

ゲーム的にネックとなるとすれば各種要素の解放でしょうか。
公式サイトにも有りますが、キャラ(コスチューム)やショートストーリーイラストの解放はゲームをプレイして得られたコインを使用して"せんべい(カード)"を購入して行うのですが・・・これが高い!!

基本衣装(ほとんどのキャラは学校の制服)キャラの解放自体は10コインと安い(隠しキャラは50コインor100コイン)のですが、水着や私服などのコスチューム的な要素のあるバージョンは300コイン、ショートストーリーイラストは500コインもします!

フリー対局では50コイン、チャレンジの最高額が100コインと考えるとかなり大変。
(通信チャレンジは200コイン以上稼げますが、勝利条件の達成が困難なので効率的かと言われると疑問)

いやまぁ運が強ければ高いカードをせんぺい(10コイン)でゲット出来るかも知れませんけど・・・数が揃ってきたら被るだけで終わる可能性が高いですね。
(10回引けばコスチュームキャラは1~2回は出る印象です)

とは言え、これは管理人が時間が無いので感じる要素かも知れません。
と言うのも、上記に挙げた初心者救済策のお陰で比較的簡単に和了できるにようになったお陰でプレイするのが楽しいですし、負けても育成ポイントは得られる。

積みゲーがまだまだ有るので切り上げていますが(苦笑)、もっと色んなキャラでプレイしてカットインや使い勝手を確認したいという想いもあり、麻雀を楽しめる方ならばあまりネックになる要素では無いかも知れませんね。

どちらかと言えば、これだけ麻雀ゲームとして楽しめるのにネット対戦が無い方がネックかも。
管理人みたく友達いないヤツにどうしろと・・・OTL

あとは細かい点ですが
・メニューからの各モードの移行時間(ロード)がちょっと長く感じる
・カットインや衣装の鑑賞が カスタマイズ→育成 に収められているので閲覧性がやや悪い

が気になる点でしょうか。
ゲームに支障を来たすとか耐えられないと言う程では無いものの、ちょっと不便に感じたのでやや残念では有りました。

以上でしょうか。
全体的に初心者でも時間さえ掛ければ楽しめる作品となっており、非常に楽しみやすくなったと思います。

各種要素の解放の事を考えると、ちょっと手の空いた時間に成長させたいキャラや初めて使用するキャラで一局・・・と言うのが一番良いプレイスタイルでしょうね。

がっつり百合要素を楽しむには無理が有りますが、前作から変わらず・・・いやそれ以上に「咲-saki-」の麻雀を楽しませてくれる良い作品だと思います。
「咲-saki-」が好きで麻雀の基礎知識を勉強する気がある方なら、かなり楽しめるのでは無いかと!


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●麻雀好きな方
●「咲-saki-」が好きな方

百合的な見どころ
●30本収録のショートストーリー

ゲーム的な見どころ
●パワーアップしたグラフィック
●以前の作品に比べると格段に遊びやすくなったシステム
●自分の好きな曲を流せる

注意した方が良いかも?な点
●百合だけを目的にプレイするのは厳しい
●麻雀の基礎知識は自前で学ぶ必要有り
●イラストやコスチューム解放のためのコイン集めが大変
●ネット対戦は実装されておらず
●ショートストーリーに出番が無いキャラが居る
●メニューから各モードへの移行時間(ロード)がやや長い
 (数秒レベルだが頻繁に移行する時は煩わしく感じる場合も)


対応機種 :PSVita
ジャンル :美少女麻雀ゲーム
プレイ人数 : 1~5人


公式サイト
PS Vita「咲-Saki- 全国編」公式サイト | 加賀クリエイト株式会社 | PS Vita「咲-Saki-全国編」公式サイト

当サイトの関連記事
PSP百合ゲーム紹介「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable」

PSP百合ゲーム紹介「咲-Saki- Portable」

『咲-Saki-全国編』 オープニングムービー


各高校プレイムービー









初回限定版/通常版


初回限定版/通常版(Amazon特典付)


このエントリーをはてなブックマークに追加

23:50  |  PSVita AVG+麻雀  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |