FC2ブログ
2017年03月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.31 (Wed)

PSVita百合ゲーム紹介「ヴァルハラナイツ3」

要約
今回ご紹介するのは「ヴァルハラナイツ3」。
ゲーム中の各店舗に存在するお姉さん、通称"キャスト"の面々を女性キャラで攻略する百合プレイが可能な事や自由度の高さがポイントの作品。

で、プレイしてみた感想ですが
馬鹿馬鹿しいくらいに何でも有りな要素(設定)ややり込み要素など面白い要素は多数あり。
しかし、マイナス点がそれらを台無しにしてしまっている作品。

といった所でしょうか。

まず良い点ですが、先述した通り馬鹿馬鹿しくも面白い点が多数あります。
例えばお金さえ有ればキャラの性別も転換可能ですし、女性キャラで女の子(キャスト)を攻略可能。
女の子(キャスト)にお触りできたり、全年齢向けなので詳細は描写されませんがホテルインもします(笑)。

女性主人公で女の子(キャスト)と・・・と言うのは勿論、男性キャラで男性とホテルインも可能だとかw
(管理人は男性主人公でのベッドインは試していませんが(笑))
キャラメイク系作品の常でそこまで濃いイベントになる事は有りませんが、こういったフリーダムさは好きですね。

やり込み要素もあり、各クエストで強敵を倒す、全職業制覇を目指す等々。
ストーリー本筋に関係無いものの、ちょっとしたエピソードを楽しめたりするクエストもありますしね。

とまぁ面白くプレイ出来ましたと言いたい所なのですが・・・大きなマイナス点がいくつか。
まず致命的と言えるマイナス点はロード時間の長さ+多さ。

後述するマイナス点はまだ弁護の余地はあるものの、これについてはどうしようも有りません。
本作は自由度の高さがウリの一つであるのですが、それはつまり歩き回って色々な所へ行くと言う意味でも有ります。

そこで凄まじいネックになるのが、このロード時間の長さ+多さ。
特に各施設に出入りする事が多い街での行動はちょっとした苦行と言えるレベルです。

例えば"武器を買って店を出たが回復薬を買い忘れてた"と言う場合、普通は店に入り直して回復薬を買う場合がほとんどでしょう。
が、本作ではそれを躊躇してしまうレベルでロードが長い。

これはあくまで体感ですがロード時間は20~30秒くらい掛かっており、買い物程度でこれほど待たされるのは正直苦痛です。
(ロードが早い箇所もあります。恐らく切り替え前後のマップに差異が大きいほど長くなるようです)
お陰で街中で人捜しをするクエストを受けた際は迷わずネットの攻略ページを見ました(笑)

次にマイナス点なのは歩くスピードの遅さ。
本作は基本的にワープ手段が無く、どこに行くにしても徒歩です。
(一応、ごく一部にワープポイントや街の外から街へ帰還するスキル(アイテム)は有ります)

で、その歩くスピードがフィールドやダンジョンの広さに比べて非常に遅い。
一応ダッシュはあるのですが仕様が特殊なため、普通に歩くよりはマシと言う程度です。
※ダッシュ仕様
ダッシュを開始すると○ボタンマークが発生し、タイミング良く○ボタンを押せばダッシュ攻撃が出る+即行動可。
しかし○ボタンを押すタイミングを間違えたり、○ボタンを押さなかったりすると息切れして少しの間ながら行動出来なくなる。
お陰で少しでも早く移動するには"×ボタンを押す(ダッシュ)、タイミング良く○ボタンを押す(攻撃)"と言う操作を延々と繰り返す必要がある。

これが街になるとダッシュ不可であるため更にストレスが溜まります。
ダンジョンや外フィールドに比べれば街は狭い事は狭いのですが、先ほど述べたロード時間の長さ+多さが手伝って結局、時間がかかる・・・(--;)

リアルに考えれば何処に行くにしても歩く必要があるのは当然ですし、広大なフィールドやダンジョンを演出したのかも知れません。
が、ゲームとして快適か?と問われれば否としか言えないですね。
(救済措置のためか歩いた歩数に応じてアイテムを交換できますが・・・それほど有難味のあるアイテムでも無いので(汗))

次にマイナスと感じた点がキャラの成長の仕様。
本作では各職業にレベルとスキルが設定されており、スキルを習得するにはSPと言うポイントが必要です。

で、そのSP獲得の仕様が"敵一体を倒す毎に2P"なんですね。
つまりボスであろうと、最序盤のザコ敵であろうとSP獲得と言う点では同価値。

考え方次第な所もあるかも知れませんが、この仕様は中々キツイです。
と言うのもゲームが進行すれば進行するほど、つまり敵が強くなればなるほどSPは稼ぎにくくなるのですから。

なのでレベルアップのための"EXP"稼ぎとは別に序盤のフィールドでSP稼ぎが必要になってくる訳です。
で、これがまた普通にやると苦行です(笑)

先述しましたが歩くスピードに比べてフィールドが広大なので敵の所へ行くのも中々大変(本作はシンボルエンカウント)ですし、かと言って倒した敵が復活するのを待つのも暇。
でも敵を復活させるために別フィールドへ行くのはロード時間の長さで躊躇われる・・・と言う三重苦が待ち受けるのでw

そのため管理人は敵の出現箇所で待機しつつ、当サイトの記事更新をしていました(笑)
これなら(CPUだけで敵を確実に倒せる必要がありますが)、敵復活をボーっと待つ必要はありませんからね。
まぁPSVitaの仕様上、無操作状態が続くとスリープしちゃうのでちょくちょく触る必要はありますが。

最後に述べるのは戦闘バランス。
本作の戦闘は最大7対7のアクション戦闘となっており、敵味方入り乱れての戦闘は中々に壮観です。

が、しかし一人で敵味方合わせて13人の対象をリアルタイムで識別、的確な攻撃や援護を行うのは難しいです。
少なくとも管理人には無理!!(笑)

そのため敵or味方全体を対象としたスキルが凄まじく強力・・・もっと具体的かつ端的に言ってしまうと戦法が敵全体攻撃魔法 連発一択になってしまうのです。

一応、魔法には詠唱中に攻撃を受けると発動できないと言う弱点があるのですが、自分(プレイヤー)が近接攻撃キャラの場合、この弱点を突くには魔法を使う敵キャラへ武器の射程範囲まで近寄って攻撃しなければなりません。

が、先述した通り、最大で敵キャラは7人。
つまり7つものターゲットの中から魔法を使う敵を見極める必要があります。

しかも詠唱が必要とは言え低威力で良いなら魔法の発動自体はかなり早いため、それは相当に素早く行わなければなりません。
少しでもまごつけば、あっと言う間に殲滅されます(笑)

こういった理由があるため
・敵を識別する必要が無い
・先に発動(攻撃)すれば敵の詠唱を中断させられる
・射程が無限

と言う利点のある敵全体攻撃魔法連発が最有力な戦法となってしまうのです。

とは言え槍などリーチの長い武器を振り回すスキルやダッシュで突っ込むスキル、敵全体を攻撃する弓スキルもありますし、攻撃を受けても怯まないようにするスキルもあります。
そう考えると、これは単に管理人が下手なだけと言う可能性もあるのですが(汗)

ただ武器攻撃メインのキャラを操作している時は全く敵わなかった敵に対して、魔法特化のキャラを操作キャラにした途端、あっさり勝ってしまったと言う事が何度もあった事を考えると、やはり魔法攻撃は武器攻撃に比べて格段に強いと言う気がします。

以上でしょうか。
マイナス点ばかりを述べてしまいましたが、世界観や"ノリ"自体は好みなんですよ。

ただ、冒頭で書いたようにマイナス点がそれらの要素を楽しむ気力を削いでしまうと言う・・・(--;)
そういう意味では惜しいと言うか、損をしてしまっている部分が多い作品だと思います。

本作のパワーアップ版である"GOLD"は各種改良が加えられていると言いますし、DL版を購入したのでロード時間についてはある程度の改善を期待したいところですが・・・こちらもプレイし終えたら記事にしたいですね。


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●自由なキャラメイクや育成が好きな方
●やり込みが好きな方

百合的な見どころ
●女性キャラでキャストの攻略可能

ゲーム的な見どころ
●性別によってイベントがほとんど制限されないところ
●多彩な職業やスキル、自由度の高いキャラ育成

注意した方が良いかも?な点
●ロード時間が長い+多い
●移動スピードに比べてフィールドが広い
●キャラ成長(SP獲得)が特殊
●戦闘のバランスが大味な所がある


対応機種 : PSPVita
ジャンル : ファンタジー・アクションRPG
プレイ人数 : 1~2人

公式サイト
ヴァルハラナイツ3



攻略本



※GOLD関連情報
GOLD公式サイト
ヴァルハラナイツ3 GOLD



このエントリーをはてなブックマークに追加

21:55  |  PSVita アクション+RPG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |