FC2ブログ
2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.13 (Mon)

PS2百合ゲーム紹介「零~紅い蝶~」

要約
さて、あまりに有名な作品なので今更な感じもしますが、今回は「零~紅い蝶~」を紹介します。

内容を一言で言えば、山中のある村に迷い込み閉じ込められた双子の姉妹が脱出を目指すというもの。

こう書くと非常にあっさりしていますが、ジャンルに和風ホラーアドベンチャーとあるだけあってめちゃくちゃ怖いわ、謎解きは大変だわで一筋縄ではいきません。

特に怖さは特筆物で、何回もプレイしているのに今だに「ギャー!」とか言うレベルですw
そういう意味では怖がりの人にはオススメできない作品かも(^ 。^)ゞ

百合的な要素は主人公が双子姉妹ですから当然、この二人です。(プレイヤーが操作するのは主に妹の澪ですが)
特にお姉ちゃんである繭の澪に対する想いは非常に深く、重く、そして怖いです。

プレイを進める内に繭は少しずつ精神的に不安定になっていくのですが・・・その時の呟きの怖さといったら・・・もう((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

姉妹であるため恋愛的な百合ではありませんが、繭の"澪と離れたくない"という想いは姉妹百合として充分過ぎるでしょう。

ゲームとしては和風ホラーアドベンチャーとなっていますが、バイオハザードのような3Dアクション+謎解きといった具合です。

相手が幽霊、亡霊、怨霊といった類なので、武器も特殊で"射影機"と呼ばれるカメラです。
(恐らくカメラが武器に設定されているのは、昔の迷信でカメラで写されると魂が吸われると言われていたせいでしょうね)

武器がカメラ、相手が幽霊とあってバイオなどとは全く違った戦闘になり、独特の面白さがあります。

ベストショットを取るため、わざと相手に攻撃をさせたり(ベストショットは相手の攻撃前後が狙い目となる事が多い)、相手が幽霊なので壁を背にする戦法は命取りだったり(すり抜けてきます!ズルイ!!)などなど。

そして勿論カメラですから写したもの(幽霊)は写真としてアルバムに保存できます(笑)
まぁ、ゲーム内容がゲーム内容なだけに怖~いアルバムになってしまう訳ですが・・・。

なんせ、被写体が基本的に怨霊ですからねぇ・・・たま~に可愛い幽霊がいるのでその娘でも撮ってあげましょうw
(勿論、襲われて体力が0になったら死亡するので気をつけて撮影して下さいw)


対応機種 :PS2(Xbox)
ジャンル :和風ホラーアドベンチャー
プレイ人数 : 1人


公式サイト
零~紅い蝶~

FATAL FRAME 2 -Crimson Butterfly-(Xbox版公式サイト)


こんな人にオススメ
●姉妹百合が好きな方
●和風ホラーが好きな方


作品の方向性
●作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
●百合の方向性
友愛  ●  恋愛
●作品の雰囲気
コメディ    シリアス
●男性の(百合的な)重要度
軽い    重い


百合的な見どころ
●澪と繭の関係
 (決して繭の一方通行な想いで無いところがポイント)
●劇中では怨霊となっている双子姉妹のエピソードも百合と取れます


ゲーム的な見どころ
●非常に怖い
●ベストショットにこだわれるところ
●カメラのパワーアップや浮遊霊の写真集め(各写真にコメントが付くのがまた面白いです)、ミッションモードなどやり込める要素もあり
●クリア特典などでコスチュームチェンジ可能w


注意した方が良いかも?な点
●怖い!w
●一撃死する攻撃をしてくる敵が、わりあい頻繁に登場するため回避が下手な方は苦労するかも
●ストーリーが暗いため、気持ちが落ち込みやすい


※Xbox版の追加要素について
・FPS(一人称視点)モード追加
画面の中のキャラクターを動かすのでは無く、テレビが自分の視点となるモード。

視点=テレビになるため、通常モードに比べて非常に視界が狭いためかなりの慣れが必要だと思います。
(後ろから奇襲を食らう事はザラですw)

まぁその分、怖さと緊張感は倍増するので暑い時期にはオススメかも?w


・サバイバルモードの追加
必ず一撃死する状態で、村の最深部を目指すモード。
物凄~く難しいです。

条件が厳しい上に敵の数も多いため、最短ルートを見つけ戦わずに済む箇所はさっさと逃げなければ、文字通り命が幾つあっても足りませんw

ちなみに(私の記憶が正しければ、ですが)30分以内でクリアすれば隠し要素が全てオープンするらしく、管理人も目指してみましたが・・・35分でクリアするのがやっとでしたOTL

ちょっとだけネタバレすると最深部にはボスがいるのですが・・・こいつとの決戦で思い切った攻撃が出来ずに、どうしても時間がかかってしまうんですよ・・・。


・アディショナルフィーチャー(コスチュームなどをゲーム中のポイントと交換)
コスチュームやアクセサリを追加できるモード。
しかし・・・ポイント貯めはともかく交換可能にする条件が厳しすぎる!!
(特定のミッションを全てSランククリアなど)

これをオープンするためにサバイバルモードを頑張っていた訳ですが・・・先述した通り挫折しました(T.T)


・最高難易度「フェイタル」が追加
これより一つ下の「ナイトメア」でも難しいのに・・・!
という訳で管理人はプレイしていませんOTL


・エンディングが追加(ハッピーエンドです!)
重苦しい世界観なため、全ての人が救われるハッピーエンドは賛否両論のようです。
が、複数のエンディングが用意されているのはゲームの特権だと思うので私は好きです。

このEDを見るための条件が非常に難しい難易度の"ナイトメア"のクリアだったのもあり、すごくほっとした思い出もありますし。

まぁ続編である「零~刺青の聲~」で公式なエンディングが決まってしまった訳ですが・・・。
(「零~刺青の聲~」は「零~紅い蝶~」と繋がりがあり、「零~紅い蝶~」の1週目ノーマルエンディング後の話となっている)


今ならこのBest版で良いでしょうね。



何、この金額!?確かに面白かったけど・・・。



ファンブックも出ているようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

15:04  |  PS2 アクション+AVG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |