FC2ブログ
2017年03月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.02 (Thu)

PSP百合ゲーム紹介「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable」

要約
今回ご紹介するのは「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable」。
前作の「咲」のオリジナルストーリーが凄まじい咲×和ぶりで百合的にかなり楽しめたため、期待の一作でしたが・・・。

今作を一言でまとめると
「麻雀パートは文句無くパワーアップしたが、百合要素に関してはパワーダウンしたと言わざるを得ない」
でしょうか。

まず百合的に痛かったのはストーリーモードが無く、基本的に"チャレンジ"しか無いという構成でしょう。
確かに
・本作はどちらかと言えばキャラゲーであり、漫画orアニメ本編を見ているのが前提。
・前作の「咲」ではストーリーモードはアニメ版のあらすじをなぞるような形であり、必要なモードであるか疑問を持たれる所はあった。

等々の理由が考えられ、無下にストーリーモード削除を批判するのはフェアでは無いかも知れません。

それに今作では前作のゲームオリジナルストーリーに代わるものとして、チャレンジモードの課題をクリアする事によって様々なキャラ達のショートストーリーを見る事が出来ます。

特に咲×和、加治木先輩×モモ、竜華×怜のショートストーリーは百合的にも楽しめます。
と、こう書くと問題が無いように思えますが・・・ショートストーリーと言うだけあって各エピソードが非常に短い!

各エピソードは体感で3~5分で終わってしまいますし、上記のエピソード以外はお色気サービスのためのエピソードと言う感じでお話としても百合要素としても微妙な感があります。
※例を挙げると
・隠が水撒きに失敗してずぶ濡れになる阿智賀メンバー
・能力強化と称して煌に姫子をくすぐる事を命じる哩

など

またこのショートストーリーを解放するためにチャレンジをクリアする必要がありますが、麻雀慣れしていないと辛いチャレンジもあり、苦労する割に報われないと感じる事も・・・。
(特にやえさん解放は涙が出てくるレベルでした・・・)

もう一つ痛いのはチャレンジのご褒美イラストの多くが店舗特典イラストと同じと言う点でしょうか。
考え方にも拠りますが、苦労して見られるイラストが既出と言うのはちょっと寂しいです。
イラスト自体の完成度や百合度は決して悪くはないのですけどね。

「咲-saki-」好き=麻雀慣れしていると言う認識だったのかも知れませんが、やはりストーリーやキャラの掛け合い的な要素はもう少し気軽に楽しめるようにして欲しかったですし、ボリュームももうちょっと欲しかったところです。

あと、これは百合的にマイナス・・・と言うか、仕様その物が謎だったのが須賀京太郎の存在。
別にこれは男性キャラである京太郎が登場する事が問題と言っている訳ではなく、モブにあたるキャラを全て京太郎で代用しているのがおかしいんですよね。

こういう仕様なので以下のような謎ショットが・・・。
咲sideA_PSP紹介記事用画像001

チャレンジモードは持ち点や対戦相手のキャラなどから本編での一幕を再現したようで、今回登場していないキャラ等などは全て京太郎が務めているんですよ。

で、流石にこれは違和感強過ぎだろ、と。

女子の麻雀大会なのに男性キャラである京太郎が居るだけでも違和感があるのに、チャレンジによっては2人以上居るわけですからねぇw

これなら、ほぼアニメオリジナルキャラと言って良い南浦さんやプロの面々など適任はいくらでもあったでしょうし、ゲームオリジナルキャラを登場させるなどした方が良かったのでは?と思います。

百合好きだから言う訳ではありませんが、ただでさえ浮いている京太郎を登場させるならもう少し考えて欲しかったと思います。

ではゲーム的な面・・・麻雀パートはどうでしょうか。
これは先述した通り、文句無くパワーアップしていると思います。

まず前作の不満点であった団体戦のキャラエディットが可能になり、ドリームチーム編成や能力が無いキャラだけの編成といったマゾ編成(笑)まで幅広く楽しめるようになりました。

また前作より単純に使用可能キャラが増えていますし、和了した際の役の読み上げやカットインなどの演出も充実。
また一部のキャラは親しいキャラが対戦相手だと対局開始時に呼びかけたり、竜華は怜(幽体?)との二人打ちになったりと薄めながら百合要素も楽しめます。
麻雀が対戦ゲームである事を考えると、確実に楽しみの幅は広がっていますね。

まぁキャラ毎に能力はもちろん、手牌の良さも変わっているようなのであくまでイカサマ麻雀ゲームと言う事になるのでしょうがw
淡とか能力が発動したらルール知らなくても和了できちゃいますからねw
(オプションで能力無効も設定可能です)

まとめると咲-saki-阿智賀編のキャラ達による麻雀を楽しむ作品であり、百合要素はおまけ程度に考えた方が良いでしょう。
麻雀ゲームとしてはともかく百合ゲーとして楽しむなら前作をプレイすべき作品です。


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●咲-saki-の麻雀が好きな方

百合的な見どころ
●一部のショートストーリー
●一部のご褒美イラスト(CG)
●キャラによっては対局開始時に相手に呼びかけ、竜華は怜との二人打ち

ゲーム的な見どころ
●キャラ毎の能力
●カットインなどの演出

注意した方が良いかも?な点
●ストーリーモードが無いため、キャラ同士の掛け合いや百合要素は少なめ
●ショートストーリーはその名の通り非常に短め
●ご褒美イラスト(CG)は店舗特典イラストと同じ物も多い


対応機種 : PSP
ジャンル : 美少女対戦麻雀
プレイ人数 : 1~5人

公式サイト
バナー製作:百合ニュース
自主制作応援バナー「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A PORTABLE」企画:百合ゲーム時々、他事語り/制作:百合ニュース

原作サイト
ガンガンNET | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
テレビ東京・あにてれ 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

本編原作サイト
咲-Saki- | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE

百合ニュース様の素晴らしい記事
※管理人の無茶振りに応えて下さってありがとうございました!
百合ニュース : いよいよ本日発売のゲーム「咲-Saki-阿知賀編Portable」ゲームプレイムービー白糸台高校編を見て
百合ニュース : PSP「咲-Saki-阿知賀編Portable」ゲームプレイムービー 新道寺女子高校編を見て
百合ニュース : 「咲-Saki-阿知賀編Portable」ゲームプレイムービー"千里山女子高校編"が公開されたので解説っぽい記事を書いてみた
百合ニュース : ゲーム「咲-Saki-阿知賀編 Portable」プレイムービー(阿知賀女子学院編)を見て
百合ニュース : ゲーム「咲-Saki-阿知賀編Portable」発売前に"咲-Saki-"を振り返ろう!

限定版/通常版



※前作情報
公式サイト
咲-Saki- Portable

当サイトの感想記事
PSP百合ゲーム紹介「咲-Saki- Portable」

best版


通常版/限定版


このエントリーをはてなブックマークに追加

23:09  |  PSP AVG+麻雀  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.23 (Sun)

PSP百合ゲーム紹介「咲-Saki- Portable」

要約
百合作品として名高い(笑)青春学園アニメのゲーム化作品です。

百合好きとして注目する点はやはりゲーム版オリジナルストーリー!
特に咲×和好きなら、プレイして損無し!のモードです!!w
また
「スタッフ、完全に狙ってるだろうw」
と思わず言ってしまうCGも注目ポイントです。

ゲームとして見るとアシスト機能や難易度選択、キャラクターの能力などによって、比較的初心者にも取っ付き易い内容と言えます。
ただ取っ付き易いものの、やはり麻雀についてある程度は自分で勉強しないと辛い部分もあるのは確か。
それに自分が何をしているか分からずにプレイすると言うのは、やはり楽しくないですからね。


対応機種 : PSP
ジャンル : 美少女対戦麻雀
プレイ人数 : 1人~4人


以前の当サイト紹介記事
「咲-Saki- Portable」プレイ日記
「咲-Saki- Portable」プレイ日記2
「咲-Saki- Portable」プレイ日記3
「咲-Saki- Portable」プレイ日記4
「咲-Saki- Portable」プレイ日記5
「咲-Saki- Portable」プレイ日記6

ゲーム公式サイト
咲-Saki- Portable

原作サイト
「咲 -Saki-」アニメスペシャルサイト
咲-Saki- | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE

記事掲載サイト様
百合ニュースバナー

通常版


限定版



こんな人にオススメ
●咲-saki-が好きな方(特に咲×和好きの方w)
●麻雀が好きな方


作品の方向性
●作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
●百合の方向性
友愛   ● 恋愛
●作品の雰囲気
コメディ    シリアス
●男性の(百合的な)重要度
軽い    重い


百合的な見どころ
●ゲーム版オリジナルストーリー
●ほとんどがキャラクターのペア(カップル?)であるCG


ゲーム的な見どころ
●キャラクター毎に特性や能力があるところ
●豊富なセリフとカットイン
●ストーリーでは難易度選択可能
●対戦機能あり


注意した方が良いかも?な点
●本編ストーリーが少し詰め込み気味な感がある
 (本作品だけでは咲-saki-アニメ版の良さは伝わりにくいと思います)
●麻雀パートを楽しむには、やはり多少の勉強が必要
 (ゲーム中で役を確認できれば良かったのですが・・・)
●男性キャラなどプレイヤー使用不可のキャラにボイスが無い
 (このゲームにおいて男にボイスが必要かと言われると・・・(´∀`*))
●団体戦モードでは各高校の固定チームしか選択できない


このエントリーをはてなブックマークに追加

19:22  |  PSP AVG+麻雀  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |