FC2ブログ
2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.17 (Wed)

PSP百合ゲーム紹介 「フェイト/エクストラ」

要約
はい、壮絶に時間がかかってのまとめ記事です(汗)
まぁ新作の「CCC」が発売された事ですし、逆にちょうど良かったと思っておきましょうw

では、ゲーム的な面から語っていきましょうか。
まず本作の戦闘は基本的に三すくみ・・・簡単に言ってしまえばいわゆる"じゃんけん"になっており、如何にその"じゃんけん"に勝つかが基本になっています。

勿論、何の考えも無しに戦えば一手一手毎のじゃんけんに勝てる確立は3分の1しかなく、お話になりません。
では、どうするか?

具体的には説明していくと
・相手の"手(行動内容)"が開示される量を増やす
・開示された情報を元に相手の行動パターンを読む、予測する

が基本となります。

雑魚敵は同じ敵を倒し続けると相手の"手"が開示される数が増えるため、初見の敵を如何に捌くかが重要になります。
例えば最初に強力なスキルを使用して一気に倒す、相手をスタンさせておくなど。
そしてボス(サーヴァント)戦で相手の"手"を開示する量を増やすには、事前に相手の情報を収集するイベントをこなしておく必要があります。

これらの要素がどう受け取るかが本作のゲームとしての評価の分かれ道になると思います。
まず雑魚戦ですが、良く受け取れば例え雑魚でもそれなりの対応をして行かなければ即敗北に繋がり、緊張感のある戦闘を楽しめると言えます。

が、悪く受け取れば雑魚戦でも気を使わなければならない・・・敵毎の行動パターンを覚えておかないと辛い、MPなどソース管理に気を使う必要がある、と感じ煩わしく思うでしょう。

ボス(サーヴァント)戦もイベントを楽しみながらプレイ出来れば良いですが、逆に考えるとイベントをきっちりこなして行かないと不利になる=イベントを強制されていると感じるでしょう。
またボス(サーヴァント)戦ではイベントをきっちりこなしても相手の手が全て開示される事は無いため、かなりシビアです。

個人的にはスキルや回復アイテムの使用タイミングを考えたり、相手のスキル使用を予測してガードorスタンを狙ったりと程よい緊張感があって非常に面白かったですが・・・。
やはり相手によっては最後の最後で逆転負けしたりするので、これを面倒に感じる方もいらっしゃるかと。
ですので、この戦闘方式はサクサクと戦闘を進めたい方や強くなったキャラで相手を圧倒したいというタイプの方には不向きですね。

戦闘以外のシステムに言及するとすれば、まずはアリーナ(ダンジョン)から出てしまうと一日が経過してしまうため、アリーナに気軽に行けない点が挙げられるでしょうか。

ストーリー設定の事やゲームオーバーに成り得るイベントが絡んだりする事を考えると決して悪い仕様では無いのですが、アリーナ内ではセーブが出来ない事を考えるとどうしても纏まった時間が無いと行き辛いという事になり、ゆっくり時間が取れないとプレイし辛くなってしまいますね。

また主人公達の主な活動場所である校舎ですが、ショートカット機能がやや貧弱な所がありちょっと面倒に感じる時も。
図書室や保健室は地味によく行きますし、イベントの中には結構歩き回る必要のあるものがあったりしたので各部屋全てにショートカット出来たら楽だったかな、とは思います。
まぁイベントの発生場所の関係もあるでしょうから、この辺りをあまり追求するのは酷かな~とは思いますが。

次はストーリー面について。
プレイ日記でも書きましたが、第四回戦のストーリーが浮きまくっている感があるのは否めません。
が、それを除けば全体的に非常に秀逸なストーリーだったと思います。

特にそれぞれの対戦相手(サーヴァントも含めた)の人となりが分かっていく過程はとても面白かったですね。
また対戦後はサーヴァントの設定解説が全て読めるようになるので、それを読むと新しい発見があったりしてまた感慨深い。
対戦後なので相手が死亡(消滅)しているため、余計にそう思いますね。
(四回戦後は例外ですが)

個人的には二回戦の対戦相手が印象深かったです。
老紳士に見た目はチャラい兄ちゃん(緑アーチャー)と言う百合的要素なぞ一片の欠片も無い組み合わせですが(笑)、ストーリーとしては凄い惹き込まれました!

特に対戦後に見れる緑アーチャーのプロフィールがね、色々と泣けるんですよ。
勿論、他の対戦相手もそれぞれに魅力的なんですが・・・やはり印象深かったのは緑アーチャーですね。

最後に百合要素について。
管理人は現状ではセイバーさんしかクリアしていませんが・・・女性主人公にすれば楽しめると思います!

プレイ日記にも書きましたがセイバーさんは性別に頓着しない所があるので、女性主人公に対しても変に同性である事を意識した愛情表現をしたりはしません!

「そなたに愛されるようになるまで!」
とはっきりと言い放ったかと思えば主人公の笑顔にどぎまぎしたりと、百合好きとしてはニヤニヤせざるを得ない言動を見せてくれます。

またラニや凛も主人公にかなり好意的な面を見せてくれ、この辺りも百合的な見所と言えるでしょう。
特に主人公を間に挟んでのお弁当タイムは一瞬、本作がラブコメ作品になったかと勘違いしそうにw

明確に恋愛感情とは示されませんが、先述した通りセイバーさんが性別に頓着しないタイプなので限りなくそれに近いものを楽しめるでしょう。
伊達に
「美少年は良い!美少女はもっと良い!!」
などと発言するような御方ではありません!!(笑)

ラニや凛にしても強い友情といった感情は充分に感じられますし、この二人との百合関係妄想(笑)を阻害する要素は特に見当たりません。

キャスターをサーヴァントにしてのプレイはまだ未確認ですが、この調子なら少なくとも主従やバディ(相棒)といった関係としてキャスターとの百合を楽しめそう。

総合すると戦闘がやや特殊である事やアリーナや校舎の仕様に少々不便な所もありで、この辺りは好みが分かれる所ではあるかと思います。

が、元々がAVGとして高い評価を受けた作品が元であるだけあってストーリーは非常に面白く、百合要素に関してもマイナス要素は見受けられず、明確な恋愛百合以外は駄目と言う方以外なら充分に楽しめるかと。
戦闘等のゲームシステムが許容できるのでしたら、百合ゲーとしてオススメ出来る作品だと思います!


対応機種 : PSP
ジャンル : RPG
プレイ人数 : 1人


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●戦闘に緊張感が欲しい方
●パターンを覚える、予測するのが得意な方

百合的な見どころ
●セイバーさんとのイベント、やり取り
●ラニや凛とのイベント

ゲーム的な見どころ
●高いストーリー性
●各サーヴァントの必殺技(宝具)の演出
 ※非常にカッコイイです!

注意した方が良いかも?な点
●戦闘がサクサクと進められないこと
●アリーナやイベントなど長時間セーブ出来ない場面があること
●ショートカットがやや貧弱なこと
●即ゲームオーバーになる選択肢もあること


公式サイト
フェイト/エクストラ 公式サイト

※新作公式サイト
フェイト/エクストラ CCC 公式サイト

以前のプレイ日記
「フェイト/エクストラ」プレイ日記
「フェイト/エクストラ」プレイ日記2
「フェイト/エクストラ」プレイ日記3
「フェイト/エクストラ」プレイ日記4
「フェイト/エクストラ」プレイ日記5
「フェイト/エクストラ」プレイ日記6
「フェイト/エクストラ」プレイ日記7
「フェイト/エクストラ」プレイ日記8


限定版/通常版


best版


攻略本/ビジュアルファンブック



※新作
限定版/通常版


サントラ(初回限定でBD&ブックレットが付くそうです)


このエントリーをはてなブックマークに追加

22:50  |  PSP RPG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.31 (Mon)

PSP百合ゲーム紹介「セブンスドラゴン2020」

要約
さて、今回は「セブンスドラゴン2020」について。
新作も発表された事もありますし、ゲームとしては面白かったと思います。

ただ・・・当サイト的に、つまり百合ゲームとして楽しむにはちょっと苦しい作品と言わざるを得ないかと。
まぁ、キャラメイク系の作品はプレイヤーの妄想力による所が大きいものではありますが・・・。

具体的な百合要素と取れる箇所を挙げると
・自由なチーム編成(キャラメイク)
・デートスポット
・NPCをデートスポットに誘うためのアドレス受取のシーン

ぐらいでしょうか。

デートスポットは当サイトでも話題にしましたが、実際の内容は画面暗転&デートに誘ったキャラのちょっと色っぽいセリフが聞けるという程度の物で、百合要素と言うには厳しいものでした。

声優さんの豪華さを考えると、素晴らしい要素とは言えるのですけどね。
(補足しておくと、デートに誘うキャラはチームリーダーに指定したキャラなので百合デートそのものは可能です)

NPCのアドレス受取は基本的に信頼の証として受け取るので、ここは多少萌えれるとは思います。
本作はチームリーダーに指定しているキャラが主人公的な役割になるので、女性キャラをチームリーダーにしておけば・・・という訳ですね。

ミイナとのエピソードは中々ハァハァ(*´Д`)

・・・とは言え、やはりプレイヤーの妄想力が無いと百合作品として楽しむには無理があります(汗)
連携攻撃やチームキャラ内の友好度、NPCとのED等の要素があればもう少し百合要素があったように思いますが・・・前提として百合要素の無い作品なのですから、そこは仕方ないですね。

では、ゲームとして見た場合はどうでしょうか。
先述した通り、個人的には面白かったと思います。

最大のウリであるキャラメイクは外見が少ないとは思いますが、豪華声優さんが「多過ぎだろ!」と突っ込みたくなるくらい参加されているので、この点は楽しいです。

戦闘中は結構喋りますし、職業(使用スキル)によって異なるセリフも多く、メイクキャラの魅力を引き出す力は強いと思いますね。

RPGとしてはストーリー性や謎解きより戦闘を重視した作品かと。
そのため、プレイサイクルが
イベント&新ダンジョン出現

ダンジョン探索&強くなる

ドラゴン倒す
の繰り返しになり、やや単調になっている感はあります。

まぁ、管理人は謎解きよりは戦闘やってる方が好きなので、逆に楽しかったですがw
それに合間合間にドラゴンを倒したポイントで都庁を修復したり(修復すると色々と恩恵があります。デートスポットもその一つ)、民間人を救出したりといったミニイベントがあるので退屈はしなかったですね。

またキャラ育成も職業毎に特徴が強く出ており、面白かったです。
特にストーリー進行によってスキル習得など戦闘の幅が広くなっていくので、戦闘が楽しめればストーリーを進めるのが楽しくなっていくという寸法です。

途中でキャラクターの職業変更も可能になるので、やり込みも可能ですしね。
(レベル1に戻ってしまうが変更時のレベルによって基礎ステータスが底上げされるので、最終的には変更していった方が強くなる)

以上でしょうか~。
戦闘重視な所があるため、ストーリーの流れが明確・・・悪く言うと一本道のレール上を走らされているような所はあるかと思います。

が、それは逆に言えばRPGでは有り勝ちな"次はどうすれば良いか分からない"という事が少ないという事でもあり、サクサク進めたいor戦闘を楽しみたいという方には適しているという事でもあります。

また自分好みの声優さんのボイスでキャラが戦っているのは、やはり萌えます(笑)
百合ゲーとして楽しむには百合要素が少ないと言わざるを得ませんが、戦闘を重視される方や妄想力に自信のある方(笑)は楽しめるのでは無いかと思います。


公式サイト
セブンスドラゴン2020 公式サイト

2作目(新作)公式サイト
セブンスドラゴン2020-II 公式サイト


対応機種 :PSP
ジャンル :RPG
プレイ人数 : 1人


作品の方向性
作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
百合の方向性
友愛    恋愛
作品の雰囲気
コメディ    シリアス
男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

こんな人にオススメ
●キャラメイクが好きな方
●声優さん好きな方
●キャラクターの育成が好きな方
●RPGは戦闘!という方

百合的な見どころ
●キャラメイク出来ること
 (女性オンリーチームを作れる)
●デートスポットがあること

ゲーム的な見どころ
●キャラメイク
●職業(チーム編成)によって異なる戦い方を楽しめるところ
●謎解きなどプレイヤーを迷わせる要素が少なく、サクサク進むところ

注意した方が良いかも?な点
●明確な主人公がいないため、ドラマとして盛り上がり辛いところも
●バグ報告が多数あること
 (幸いにして管理人は遭遇しませんでしたが)


通常版/限定版


このエントリーをはてなブックマークに追加

12:00  |  PSP RPG  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.22 (Sat)

PSP百合ゲーム紹介「ブラック★ロックシューター THE GAME」

要約
OVAにもなり、2012/1にはTVアニメ化も予定されている「ブラックロックシューター」シリーズのゲームです。
OVA版は予想以上の百合百合しさ(笑)で、管理人を含む百合好きさん達を身悶えさせましたが、このゲーム版は全く設定が違うという事で期待されつつも百合的に良作かは疑問が持たれていました。

結論から言いましょう。
本作は百合的にも楽しめます!!!

とは言え本作は2週するのが前提の作りになっており、2週目でベストエンドを迎える事が出来ます。
そのため百合的にも本領発揮は2週目になるので、少し辛抱が必要になります。

ですが、その分ニヤニヤ出来ると思います。
本作の百合カプは当初の予想通りにBRSとグレイなのですが、1週目では基本的に"ツン"ばかりだったグレイが2週目ではデレるのが何とも(*´Д`)

本作はミッションクリア形式なのですが、2週目で出現するグレイとの関係が描写されるミッションが
ナナ姫と黒の騎士
とか
ナナと難解な愛の迷宮
ですからね!
※"ナナ"はグレイの本名

基本的に、これらのミッションはグレイが無茶を言って、それをBRSが解決するという流れなのですが・・・その中でのグレイの反応がねぇ、もう!(*´Д`)
例えば「ナナと難解な愛の迷宮」では手紙をBRSに拾いに行かせて読み上げさせるのですが、その一つがこれ。

※以下、ゲーム中会話
BRS
手紙を拾って
「ナナなんかいなくてもいい」

グレイ
通信で
「もっと大きな声で」

BRS
「いや」

グレイ
「そう(何かすっごい嬉しそう)」
※以上
世界観と状況はかなり切迫&シリアスなのですが・・・やってる事は完全にバカップルです、この二人(笑)

次にゲーム的な面を語りましょうか。
先ほど述べた通り本作はミッションクリア形式で、戦闘はセミアクションといったところです。

そのためRPGとはなっていますが、アクションゲーム的な雰囲気がありますね。
途中でバイクに乗って疾走するというミッションもありますし。

とは言え、操作自体はさほど難しくありません。
PSPによるガンシューティーングといった趣で、基本操作は
十字キー:照準操作
□ :銃撃
○ :回避動作
× :ガード
といったところです。
(バイクゲームも基本的には十字キーで左右に避けるだけです)
もちろんスキルやアイテム使用などRPGな要素はありますが。

こういったアクション的な要素があるため、戦い方によってHP残量など戦闘結果がかなり違ってきます。
お陰で無駄に完全回避に拘ったりしてましたw
(特にボーナスが有る訳でも無いのに・・・)

たとえザコ敵でもちゃんとガードor回避しないと結構なダメージを受けるため、中々気を抜けないです。
まぁ敵の"クセ"のパターンが分かってきたら、大体のザコは攻撃する前に倒すor1~2回の回避でノーダメージKO出来ますが。

これを刺激と取るか面倒と取るかで、評価が分かれると思います。
個人的にはけっこうハマリました。

特にボスであるエイリアンとの戦いは燃えました!
必殺技を全弾回避した時とか、一人でテンションMAXになってましたw

他人に見られたら、完全に変な人です。

またレコードと呼ばれる実績によってBRSの強化やギャラリーを充実させる事が出来るので、ストーリーのボリューム自体はそんなに多く無いのですが、かなり楽しめます。
ちょっとギャグチックなエイリアンのエピソードや「痴話ゲンカかよ・・・」なナナとBRSのエピソードも見れるようになりますしねw

最後は注意点的なことを。
まず良くも悪くも"映画チック"です。

何せストーリーが人類滅亡の寸前で最終兵器としてBRSが目覚めるという、何だかハリウッド映画みたいなノリですから。
展開が早い、早い。

それで敵であるエイリアンが7人もいるので、倒されるのも早いです。
ミーとBRSの絡みを期待(笑)していたら、ミーが余りに早く退場したのでガックリビックリしましたよ。
(まぁ2週目やオマケエピソードがあったので、フォローはありますけどね。)
ストーリー展開がそういった展開をするため、勢いに乗って話を進められる反面、じっくりと話を楽しむという種類のシナリオでは無いと思います。

またレコード実績に関して、ちょっと意地悪な面があります。
例えば先述したバイクゲームではノーダメージで全クリアすると、レコードになりスキルが入手できるのですが・・・一旦バイクゲームを全てクリアしてからノーダメージクリアをしなくてはレコードにならないのです。

そのため初回プレイで運良くノーダメージクリア出来ても(ノーダメージクリアはかなり難しいです)、レコードとして認められないのです・・・。
しかも性質の悪い事にミッション画面で
「ノーダメージでクリアすると・・・」
といった主旨の説明があるんですよ!!
お陰で、レコードとして認められないうちから挑戦して数時間を浪費するという愚行を犯しましたよ(T.T)

他にも
「特定の敵を特定のスキルで倒す」
というのもありますが、その特定の敵が伏せられているため、どの敵を倒したら良いか分からない。

他にも特定の敵を見つけ出して全て倒すというのもあるのですが、その敵の残数を表示してくれないので、あとどれだけ倒せば良いか分からないと言う・・・。
こういったレコードは難しい&時間がかかるというのはお約束ですが、ヒネた見方をすると無駄に時間がかかるような仕様にしてないか・・・という気分になります。


対応機種 : PSP
ジャンル : JRPG
プレイ人数 : 1人


公式サイト
ブラック★ロックシューター THE GAME 公式サイト

こんな人にオススメ
●BRSが好きな方
 (アニメでは表現されなかった武器などがあります)
●展開に勢いのあるシナリオが好きな方
●アクション要素のある戦闘が好きな方

作品の方向性
●作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
●百合の方向性
友愛  ●  恋愛
●作品の雰囲気
コメディ    シリアス
●男性の(百合的な)重要度
軽い    重い

百合的な見どころ
●ナナ・グレイとBRSのやり取り
●WRSとの会話や戦闘も妄想次第で(笑)

ゲーム的な見どころ
●アクション要素がある戦闘、展開
●オマケエピソードやコスチュームなど本筋以外に楽しめる要素が多いところ

注意した方が良いかも?な点
●アクションが苦手な方は難しく感じるかも
 (アイテムやスキル次第などで、ある程度はゴリ押しが効くので、それほど難しく無いとは思いますが)
●ストーリー量はそれほど大きい訳では無いので、レコードに拘らなければボリューム不足に感じるかも


限定版/通常版


サントラ


このエントリーをはてなブックマークに追加

19:11  |  PSP RPG  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.10 (Mon)

PSP百合ゲーム紹介「ペルソナ3ポータブル」

要約
かなり時間をかけてプレイしてきましたが、ようやくクリアしましたのでまとめ記事を書くことにしました。

RPGとして非常に面白い作品だと思います。
ペルソナ合体は使うペルソナやスキルなどを考え出すと止まらないし、敵も様々な弱点や攻撃無効化など特性があり、楽しませてくれます。
また難易度を変更できるのもポイント高いです。
ノーマル以上だと"即死魔法"→"主人公昇天"→"ゲームオーバー"なんて事がしばしばあるので、RPGが苦手だったりストーリーを楽しみたい方はイージー以下推奨ですw

百合要素に関しては思った以上に良かったと思います。
流石に完全な百合ゲームでは無いので恋人設定にはなりませんが、友情百合としては充分にニヤニヤできる内容だと思いますw
それにアイギスの主人公への愛情は半端では有りませんので!
ホント、恋人設定になれないのが不思議です。


対応機種 : プレイステーションポータブル
ジャンル : RPG
プレイ人数 : 1人


以前の当サイト紹介記事
「ペルソナ3ポータブル」プレイ 日記
「ペル ソナ3ポータブル」プレイ日記その2
「ペルソナ3ポータブル」プレイ日 記その3
「ペルソナ3ポータブル」プレイ日 記その4
「ペルソナ3ポータブル」プレイ日 記その5
「ペルソナ3 ポータブル」プレイ日 記その6

公式サイト
P3Pバナー




ダウンロード版も配信されているようです
PlayStation.com(Japan)|PlayStation®Store


こんな人にオススメ
●RPGが好きな方
●やり込み要素が好きな方
●神話などに登場する神や怪物を知っている方
(登場するペルソナのモチーフのほとんどがここから採用されている)


作品の方向性
●作品での百合的要素の重要度
軽い    重い
●百合の方向性
友愛    恋愛
●作品の雰囲気
コメディ    シリアス
●男性の(百合的な)重要度
軽い  ●  重い


百合的な見どころ
●各女性キャラとのコミュイベント
●アイギスとのイベント
 (女性型ロボットとの関係が百合か?という考え方もありますが、ここでは無視!(笑))


ゲーム的な見どころ
●非常に奥深いペルソナ合体
●様々な属性による得意、弱点などタクティカルな戦闘
●メチャ強い隠しボス
 (管理人はこれを書いている時点で倒せていません・・・OTL)


注意した方が良いかも?な点
●日付の概念があるため、ストーリーを進めるのに時間がかかる時がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

16:29  |  PSP RPG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |