FC2ブログ
2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.17 (Wed)

PS百合ゲーム紹介「封領域 エルツヴァーユ」

要約
今回紹介するのは「封領域 エルツヴァーユ」です。発売から10年以上が経過していますが、その斬新なシステムと演出は今見ても他の作品と一線を画すものがあります。

またパッケージからはかけらも分かりません(笑)が、ストーリーの本筋は2人の女性キャラによる愛憎劇で百合度は直球かつ高濃度です。

対応機種 :PS
ジャンル :3Dアクション
プレイ人数 :1人

製作サイト作品紹介ページ
株式会社ユークス 封領域 エルツヴァーユ

ファンサイト
エルツ私設布教委員会バナー



こんな人にオススメ
●複雑な操作やコンボが苦手な人
●対戦は読み合いだと思う人
●アクションゲームでもストーリーは重要だと思う人
●声優好きな人
●設定が凝っているのが好きな人


作品の方向性
●作品での百合的要素の重要度
軽い   ● 重い
●百合の方向性
友愛    恋愛
●作品の雰囲気
コメディ    シリアス
●男性の(百合的な)重要度
軽い    重い


百合的な見どころ
●登場キャラクターのうちセツナ、幽祢(かくりね)、イハドゥルカのシナリオ(百合度が非常に高い)
●声優さんの名演技によるキャラのセリフ
※例:幽祢のセリフ「もう一度好きになってもらうわ」「たった一度しか死ねないんだもの。貴女に殺してもらえて私、幸せよ」


ゲーム的な見どころ
●ボタンを2つしか使わない単純なシステム
●全距離において"捕縛"という一種の投げ技を狙える独自のシステム
●体力が減るほど超必殺技のストックを溜めやすくなる逆転要素がある
●過剰なまでの演出(長い演出の技は2回目からショートバージョンになる親切設計)

●キャラ毎に毎週放送アニメのような演出が入る(次回予告や対戦の前後の会話など)

●充実のおまけ要素(キャラ設定やシステム音声など)
●今見ても美麗なオープニングムービー
●豪華声優陣による名セリフの数々


注意した方が良いかも?な点
●斬新なシステムであるが故に洗練されていない部分もあること。
※基本的に必殺技は十字キー(↑↓←→)と△ボタンのいずれかを押すことによる発動する。しかし小技は↓↓+△や△+→長押しなどであるため、慣れないうちは技の暴発を招きやすい

●設定が非常に濃くてマニアックな部分があるため、人を選ぶところがある
●ポリゴンが荒いところがある(発売年月日を考えると妥当かも知れませんが)
●ストーリーが次回作の製作を前提にして作られているふしがあるため、消化不良な感がある

●現在では入手が困難(特に店頭での購入は難しいでしょう)

このエントリーをはてなブックマークに追加

21:35  |  PS アクション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |